ソウル駅で金正恩氏(の写真)を火刑

北朝鮮が派遣する芸術公演団の団長ヒョン・ソンウォル氏が到着(事前点検)する予定のソウル駅で、北朝鮮の旗と金正恩氏の写真を燃やすパフォーマンスがありました。警察がすぐ鎮火したとのことです。

※聯合ニュース(DAUM)キャプチャーとなります

http://v.media.daum.net/v/20180122111830416?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・「大韓愛国党」は点検団がソウル駅に到着した時点である午前11時、ソウル駅広場で記者会見を開き、「平昌冬季オリンピックが北朝鮮の体制を宣伝し、北朝鮮の核を既成事実化する事実上のキム・ジョンウンの『平壌』オリンピックに転落している」と主張しした。

この団体は、「大韓民国のアイデンティティであり、象徴である太極旗をなくし、国籍不明の韓半島旗を登場させ、北朝鮮応援団と北朝鮮マシクリョン・スキー場で共同訓練をするということは、江原道民と平昌住民の汗と努力を水の泡にするものでしかない」と述べた・・>

(URLは上のものと同じです)

 

平昌(ピョンチャン)オリンピック、

左派は「平和(ピョンファ)オリンピック」だと言うし、右派は「平壌(ピョンヤン)オリンピック」だと言うし・・ご苦労なことです。

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

148+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5