検察、李明博氏の兄の家を押収捜索(家宅捜索)

そろそろ、「仕上げ」に入るのか?な雰囲気です。

韓国検察が、李明博前大統領の兄、イ・サンドゥク(李相得)氏を家宅捜索しました。

すでにキム・ベクジュン(李明博政権当時大統領府総務企画官)、キム・フイジュン(当時大統領府第1付属室長)、キム・ジンモ(当時大統領府民政2秘書官)など、2MBの側近の多くが捜索されました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

詳しくは「李明博政府に、国家情報院が特殊活動費を上納した」ということですが・・・

http://v.media.daum.net/v/20180122102202676?d=y

 

文政権が、「真の和解」・・すなわち「保守勢力の完全殲滅」を目指しているのは周知の事実です。

ただ、平昌冬季オリンピックの開催が決まったのは、李明博氏の時です。

平昌冬季オリンピックに「李明博氏の功績」が残るのを事前に防ぐために早めに潰すことにしたのでは?な気もします。

一方、大統領府は、そんな意見を気にしてか、李明博氏に「平昌冬季オリンピック開幕式の招待状を出す」と明らかにしました。

検察捜査されている人を呼んだところで・・・「さらしもの」にでもするつもりでしょうか?

http://v.media.daum.net/v/20180119181703107

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

 

125+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5