帰順(韓国に逃亡)北朝鮮兵、いまさら「実は犯罪者だった」

去年11月、JSA(共同警備区域)から帰順(韓国側へ逃亡)した北朝鮮兵ですが・・

彼が北朝鮮で「人を死なせた(事件か事故かはまだ不明)」ことがわかった、という報道がありました。

「本当にそうなのか」が一番大事なことでしょうけど、何故このタイミングでこんな報道が「漏れた」のか、ちょっと気になります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・情報当局者によると、オ氏(帰順兵)は最近、国家情報院と軍などで構成された合同審問の過程で、「北朝鮮で犯罪を犯した。人を死なせた」と自ら明らかにした。合同審問チームは殺人や事故による死亡の可能性をすべてにおいて、正確な犯罪経緯と目的、故意の有無を把握していることが分かった・・>

http://v.media.daum.net/v/20180123030253715?d=y

 

ありのままに調べられるなら、それでいいけど・・心が曇ったシンシアリーは、そうは思えません。キムの写真燃やしたことで北朝鮮側が猛烈に韓国の保守勢力を非難したというニュースもありましたが、そのタイミングでこの記事が出てきたこともそうですし・・

いや、邪推ですけど。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

155+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5