(簡易レナスレ)すごい雪でしたね

あいやー(フェイク)、すごい雪でしたね。

韓国にいたときは、今よりずっと寒い(冬になると氷点下は当たり前)ところに住んでましたが、それでもこんなに雪が降るのはなかなか見ることができませんでした。

朝ちょっと様子を見にマンション入り口に行ってみましたが、管理人さんが有能なおかげで私たち(住民)はあまりやることがなく、すごい雪でしたねーそうですねーと(やることない虚しさをなんとかするために)雑談して、せっかくだから雪の道を歩いてみよう!と余計な苦労をして、ただいま帰ってきました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ひとつ気づいたことは、「まるまった」雪が白いこと、です。

まるまったという日本語が合ってるかどうかわかりませんが、こんな日に街に出ると一つはあるんですね。雪だるまのボディーみたいに、雪をまるくまとめた塊。

大人がやったのか子供がやったのかはわかりませんが、あれは基本的に「転がす」ことで出来上がるものですが、それが白い。言い換えれば、汚くありません。

韓国で見たその雪の塊は、灰色近いものでした。汚れるからです。ゴミのせいか、道のせいか、それとも空気のせいか?

とにかく、意外なところで日本の良さがわかるものだな・・と思いました。

 

帰りにマンションの裏口のほうに行ってみたら誰もいなかったので、レナの写真を撮りました。さくら(クマ)は濡れると困るので、カバンのなかです。

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

198+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5