剥奪感・・日本のせいだ大統領のせいだ親のせいだ?

本ブログの読者さんたちにはおなじみの(多分)言葉だと思いますが、「剥奪感」、詳しくは「相対的剥奪感」という言葉があります。

これは「自分が当然持っているはずの正当な権利を、不当な手段を使った誰かに奪われた」と感じることです。

ご存知、韓国人の「恨(ハン)」の根幹となる心理です。

最近、韓国では仮想貨幣(仮想通貨)投資が過熱気味ですが、それもまた剥奪感の現れだとする意見があったので、紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<20・30代の若年層が特に仮想通貨の投資に熱狂するのは、不動産、就職など既得権を旧世代に掌握されたと感じる剥奪感の傍証だという分析が出ている。

上がっても上がってもまた上がる不動産は、就職難に融資規制の直撃を食らった若年層には考えることすらできない。株式市場も既成世代より若年層が持っている情報が少ない、言わば「傾いたグラウンド」になって久しい。

このような状況で、就職さえますます難しくなって、資本蓄積がさらに難しくなり、青年層が「平らなグラウンド」で誰でも大儲けできる仮想通貨市場に飛び込んでいくというのだ。世代間の二極化が、投資面の極端化につながったという話だ・・>

http://v.media.daum.net/v/20180114181758483

 

「孝」の国(自称)韓国で世代間葛藤が深まって久しいです。老人貧困問題もOECD最悪とか言われていますが、若い世代はそれでも不景気を「前の世代が富を独占してしまったせいだ」と考えており、それは自分自身の問題を「親のせいだ」と考えるまで悪化しました。

韓国の諺に「うまく出来たのは私の手柄、うまくいかなかったのは先祖のせい」というのがありますが、まさにその通りです。

スプーン階級論というのをご存知でしょうか。資産や年収で人の階級を決めるものでしたが・・その裏は、「結局、大金持ちの子供で生まれるのが一番だ」という心理がありました。すなわち、スプーン階級論は「生まれで身分が決まる」身分制度みたいなものを作り出してそれを言い訳にする、すなわち「親がダメだから自分もダメだ」とする心理があったわけです。

 

本記事は、そんな心理が仮想通貨への投資に影響している、という指摘となります。前の世代の問題が比較的及ばない領域だから、これなら勝てる!と思った・・いや「思ってしまった」という内容です。

ちょっと本ブログっぽく書くと、「この領域では、不当な手段で私の権利を奪うやつなんかいないだろう」とニヤニヤしながら入ったわけですが・・・

どんな領域でも、うまくいく人もいるし、いかない人もいるし・・「平らな」グラウンドのはずの仮想通貨でも、大儲けする人と爆死する人がいます。

そして、彼らはまた仮想通貨でも勝てなかった自分たちの慰安を求めて、「不当な誰か」を見つけ出そうとするでしょう。

 

はい?その「不当な誰か」なんか、最初からいなかったんじゃないのか、ですって?

そんなはずありません。そんな悪党がいないと、「自分に責任がある」と認めないといけないじゃないですか。

だから、彼らは「私の正当なる権利を不当な手段で奪った誰か」の存在を信じて疑いません。

それが韓国の生まれであり、歴史であり、未来でもあります。

 

 

・NEW「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります!

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

 

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (1)

“剥奪感・・日本のせいだ大統領のせいだ親のせいだ?” への148件の返信

  1. 普段一日1回(朝)しか見ないのだが、たまたま覗いたところ、まだ続いていたので、酒も入っているので余計なことひとくさり。

    受験生氏(01-26 15:29:50)に同感、同意。

    <日本では農民に対し、それほどの搾取はなかったと言える>

    日本と半島、中国では農民に対し、支配が違う。身分制もそれほど厳しいものではなかった。
    日本では鎌倉以来、封建制。戦国時代は、信長・秀吉軍以外は田んぼしながら、農閑期に弓槍を持って暴れていたのが武士。ザックリ言えば。
    そして、江戸時代、兵農分離で兄は武士として城下町へ、弟は庄屋として村に残るなどがあり。もっとスゴイのは、殿(藩主)が国替えになったとき、ドーシテも自分の土地から離れられなくて、殿さんにおいとまをもらって農民(庄屋など村役)になるなどもあったという。
    これは何かと言うと、日本の武士は、それほど自分の土地で食い扶持(愛着)を持っていたこと。これが半島や中国の「武官」と違うところ。
    さらに、税が「村請制」だったこと。村全体としては、当然年貢が少ないのがいいので、検地など、村全体で抵抗・サボタージュした。公称5(村)-5(年貢)でも、隠し田などがあり、実質6-4とか7-3ぐらいになっていたという。
    村の集会(男:成人だけ)でも、「隠し田のことは、女房・子供にも教えてはならん」てな村の掟を書いた文章が残っていることもある。(これ、一種の日本的な民主主義的話し合い集会とも捉えることができる)

    上記のように、庄屋などの村役などは昔、弓槍を持って走り回っていた人の子孫なので、半島などの農民と違い、あまりヤワな人々ではないし、身分制もそれほどではなかった。

    私などの年代では、白戸三平(カムイ伝など)史観などでスリ込まれている場合が多く、私なども若い頃は、悪徳領主が農民を搾取するイメージが強かったが、日本の場合は半島、大陸と違い、封建制ということ、島国、和国など等の理由から農奴的な身分は無く、結構緩い支配だったと言える。その緩い支配結果として、江戸末期、人口が増えたことによるムラの疲弊はあっただろうが。

  2. >「自分が当然持っているはずの正当な権利を、不当な手段を使った誰かに奪われた」

    是って、不登校の子供がTVインタビューで
    「行きたい学校に行けなかったから!」と言うのと同じタイプのキャッチコピーですよね。
    (中学の成績で受験高校が振り分けられ受験の自由が奪われると野党とか朝日が運動をしていた頃の話)
    具体性が無いから苛立たせるんですよね。

    誰が悪い、何が悪いという具体的な事は一切出さないで雰囲気を匂わせ社会に不満を蔓延させるプロパガンダ。
    日本の左政党の情報宣伝部のコピーライターの名作シリーズじゃないのかな。

  3. 最初にこれの定義を知ったのは、小倉紀蔵さんの著書。
    (今、手元にないので記憶で書く)
    「叶えられない悲願」
    だそうだ。
    小倉紀蔵さんは、どっちかって言うと「韓国寄り」
    な立場なので、「そっち寄り」で優しい言い方かもしれないので、割り引いて捉えるべきかもわからんw

    恨とは別(?)に、
    彼ら(韓国人)は、「前(直前)の親分を叩く」習性もある。
    シナの易姓革命の影響だと思っている。
    前政権の全否定だ。

    韓国人にとっての「直前の宗主国はアメリカではないのか?(朝鮮戦争後)」
    なぜアメリカを直接的に叩かないのか?と言う疑問が生じる。
    ワタシにもわからんw
    距離(実際の距離や国力、軍事力の差。または華夷秩序の埒外)のせいではないか?という暫定的な解答を持ってる。

    これら(他にもあるだろう。社会のあり方、歴史、同調圧力とか)が混在するので、全てを「恨」のせいだ、とも言えなくしている、というワタシの理解だ。

    「恨」を、日本語の「恨み」と同一(イコール)に見るのも間違いだ、とも思っている。
    (「叶わぬ悲願」の小倉紀蔵先生に敬意を込めて)

    日本は、歴史的に、天皇が統治し民からの搾取はなかった(一般論として)。
    一方、四季があり温暖で農耕民族として生きてこれたが、たまに(人間が敵わない)大災害が起きる(地震やツナミ)。

    韓国は、冬は寒く(つまり年の4分の1は厳しい季節が巡る)、「上」は「下」を搾取する。
    常に虐げられてきた。

    この差が、朝鮮半島に「恨(叶えられない悲願)」が生まれた原因だと、ワタシは思っているわけです。

    1. まずは、お帰りなさいませ。

      高麗人の北上なんかを考えると、朝鮮半島が「追いやられるための土地」だったのかもしれないと考えてしまうことがあります。

      「追いやられる土地」に追いやられるのは必然的に「追いやられた民」と「そこに残るしかなかった民」。歴史的な影響と地理的な影響がそこにある種の民族を押し込めたのかもしれません。「恨」の種を持つ民族をね。

      1. お?おうw

        なんか面倒くさくなってきたのと忙しかったのと、このコメントにも「釣れる?」んじゃないか?ってのと(勿論、「返信」があった場合の応酬も準備済みw)、ね。

        釣れたのはまた来たよさんでしたw

        小まめにコメントチェックしてるんすねぇw

        1. チェックするのは特定の人だけですよ。

          内容で読む機会が増えた人は名前だけでチェックする人に(独断の)格付けが上がります。

          ケロッとしていてくれて、ありがとうw

    2. >「上」は「下」を搾取する。常に虐げられてきた。

      この関係は日本でも、領主領民、庄屋、小作、武士、農民、町人と言う歴史的な関係は合って、盗賊、外敵から守ると言う幾ばくかの互助関係は有った。
      大雑把には韓国でも歴史的にはこの様な関係であろうと思いますが、何故、憎しみだけが残ったのか興味があります。
      両班、朱子学、中国の影響とかあるでしょうけど、も少し実態的に知りたいですね。

      1. 本当に農民から搾取があったのかどうか。
        いや、全くなかったと言いたいわけでなく、地域や時代、「上」の人間性とか、個々ではあったと思うんだけど、「民の竈」に代表されるように、『一般論』と言ったのはそう言う意味でして、仕組みとして虐げるような搾取まではなかったのではなかったか?ということで。

        日本語の「恨み」に通じるけど、「親の仇」とか「騙された」とか、個々の「恨み」はあっただろう(公権力による救済制度も不十分ながらあった)。

        民族として「(朝鮮半島的な)恨(ハン)」の共有には至らなかったのではなかったのか、という主張ですね。

      2. 初心者Aさんへ

        私見ですが、韓国人の「人を恨む習性」は以下が遠因でしょう。

        1617年 第十五代の光海君が編纂刊行した「東國新續三綱行實圖」。
        書堂、書院などへ修身教科書として広く配布したそうです。
        以後作られた三綱行實圖も、これに準じています。

        書堂、書院に通う事が出来た両班の子息、一部の中人の子息は、
        その教育を受けていたと思われます。
        道徳教育と同時に日本を恨む事を教えていた事になります。
        その様な教育を長年受けていれば「人を恨む事を是とする」思想も身に付く物と思います。

        ※「東國新續三綱行實圖」
        簡単に言えば「忠」「孝」「烈」の三網を教育する図解実話集です。
        「東國新續三綱行實圖」以前は中原の話だけでしたが、
        この書では「壬辰・丁酉倭乱」での日本の蛮行(主に陵辱)で「烈」の章の大半を占めます。
        「烈」とは簡単に言うと貞操を守る事です。

        1. う〜ん…

          400年前の教育の影響が、なんの努力もなく今だに継続されているとは考えにくいですねぇ。

          遠因であったとしたら引き継がれてきた経緯を説明しないといけんくなるんだけど、経緯を説明できても本質的な理由の解明にはならないんですよね。現象の観察ができただけではメカニズムの解明にはならないから。その努力を継続することができる原動力の方が韓国人(朝鮮人)の特殊性だと思うんですけどねぇ…

          1. ながら、なんで文が変かもしれないw

            ハングルの制定は16世紀(1500年代)だったかな?
            それまでも、それ以降も普及していなかったのは有名な話。
            両班は読み書きできても、庶民は無学だった様子。
            民族的な恨の共有に、教育は影響ないのでは?と思います。

          2. 「人を恨む習性」の遠因では有ると思っていますが、
            韓国人(朝鮮人)の特殊性全ての遠因とは思っていません。
            それぞれ、別の要因による物だと思っています。

            韓国人(朝鮮人)の特殊性って色々有りますよね。
            それを全て二者択一(先天的要因か環境によるか)で考えるより、
            それぞれ別々に考えた方が解明が進むではないかと思っています。
            先天的要因による物も有れば、環境による物も有ると考える方が自然だと思うのですが?

          3. これも「ながら」ですw

            ワタシは「地理的要因」が大きいと思っています。

            場所(緯度、シナの隣、半島)、面積。

            日本民族の資質も。
            大陸と離れていたこと。面積、島国。
            勿論、気候も、それらに影響を受ける人口規模も。

            半島では、科挙制度も「ガッチガチ」だったようです。シナと比較して、何か制度や文化や風習が行き届いてしまうw
            だから両班が歪になった。

            恨の原因は「地理的要素」が大きいと見ていますw
            (異論は認めますw)

          4. 受験生さんへ

            両班は読み書きできても、庶民は無学だった様子。
            民族的な恨の共有に、教育は影響ないのでは?

            仰る通りその様に考える事も出来ますね。
            一方、伝え聞くと言う事も有ります。

            なので、実際がどうだったのかは判らないですね。

          5. 受験生さんへ

            私も異論は認めます。

            と言うより自説にも自信は持ってないのです。
            受験生さんの疑問にまともに答えられないのですから。(笑)

      3. 皆さん、ご説明ありがとうございます。
        簡単に理解できることではないですね、理解しないで現象だけを視る対症療法という過ごし方もありましょうけど、興味は尽きないです。
        朝鮮半島人精神文化形成論とかで学会が出来そうですよね。アメリカインデアンとかユダヤ人とか文化・宗教での論文は在りそうですけど、宗教で論じるのは多々あっても、こと韓国人の性癖と言うか性格論は世界でも珍しいのではないでしょうか。
        沼にはまりそうです。
        沼は岸から観ていても解ることは無いですよね、パンツを脱いで沼に入って解ればいいのですけど、水が澄んで恥ずかしい思いをする事は在るのでしょうか?それなら恥を掻いても良いでしょうね。

  4. 剥奪感なんて書くと○○八幡のようなすごい世界を連想してしまうのですが(社会全部がそうなら大変です)、日本人よりも優越感に飢えているようにみえますね。いつも他人(友人、兄弟など)と自身を比較し優越に一喜一憂し、自身をよく見せることに注力しているように見えます。「大統領ガー日本ガー」を言う方々はそういう傾向強いと思う。
    そういう優越競争に疲れた韓国人も多いと聞く。
    「高望み」という意見があったが、それも影響していると思う。
    「これでいいんだ」という境地になれば、この世はそんなに悪いもんでも無いのですが。

コメントは受け付けていません。