文大統領、支持率59%・・初めての50%台

「朴槿恵と亡国の民」と「韓国人による末韓論」に共通する内容ですが、こういう趣旨を書いたことがあります。

「保守派勢力は壊滅しているが、保守右派の思想そのものが消えたわけではない。大統領選挙での得票だけ見ると、むしろ文在寅氏の分は前の選挙より減っている」

憲法改正あたりまで高い支持率を維持したい文政権としては、下手に親北政策を打ち出すことはできないだろう・・・と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

平昌冬季オリンピック関連で少しだけ「本性」を現した文在寅大統領の支持率が、低下しつつあります。

慰安婦合意に対する措置が曖昧だったこと

平昌冬季オリンピック関連の親北の動き

仮想通貨取り引きの制限(昨日もお伝えしましたが、この流れは文政権を強く支持していた20、30代から非難されています)

そんなことが重なって、親愛なる民族の指導者ムン・ジェイン大同志の支持率が初めて50%台になった、とのことです。といっても59.8%ですけど。

特に、伝統的に保守右派が強い地域であるにもかかわらず60%前後が文政権を支持していた「大邱・慶尚北道地域」では、一気に16%も支持率が下がりました。

http://v.media.daum.net/v/20180125093024096?rcmd=rn

とりあえず、6月13日の地方選挙(自治体の長を選ぶ選挙)がどうなるのか、気になるところです。

 

 

・NEW「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります!

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

133+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5