聯合ニュース「安倍が平昌に行くと言った次の日に独島展示館を開いた日本」

千代田区にオープンした「領土・主権展示館」が、韓国で「ある意味では」大人気です。

領土・主権展示館は閣諸島や竹島に関する「情報発信の拠点」として、日本政府が東京都千代田区の市政会館内に作られたもので、日本政府が領土権に関する「常設館」を作ったのはこれが初めてだとのことです。

韓国側はいろいろうるさいですが、その中でも聯合ニュースが「日本が、安倍が平昌に行くと言った次の日に独島挑発をした」と報道しています。この領土主権展示館は随分前から今日(25日)オープンが決まっていました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本政府が25日、独島(竹島のこと)が日本の領土だと無理な主張する展示館を東京の中心部にオープンした。安倍晋三総理が来月開催される平昌冬季オリンピックの開会式に出席し、ムン・ジェイン大統領と首脳会談をすると発表した次の日、日本政府が「独島挑発」に出たのだ・・

・・日本政府は、平日の午前10時午後6時まで無料で展示館を開放して、日本人はもちろん、訪日外国人にも独島が日本の領土という無理な主張を促進するという計画だ>

http://v.media.daum.net/v/20180125110534444

「3NOで主権放棄と言われた文政権が日本の主権関連に怒っている」の図・・でござる。

しかし、千代田区ですか・・行ってみたいですね。でもちょっと目立つかな・・?

 

・NEW「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります!

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

137+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5