韓国、米国に2兆ウォン規模の報復関税か

最近、米国が韓国・中国に対して行う関税関連の政策(セーフガードなど)が韓国で大きなニュースになっています。

今日も「チャンネルA」が「貿易黒字が2倍もある日本には何故なにもしないのか」という記事を載せ、韓国に対する米国の関税関連政策を批判しました。

※記事本文では「3倍」

http://v.media.daum.net/v/20180125114245257

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

いや、それ、黒字の規模の問題じゃないだろう・・って気もしますが、そんな中、

韓国が米国に対して報復関税を賦課する政策を行うと明らかにしました。

<(韓国)政府が米国の洗濯機・太陽光セーフガード(緊急輸入制限措置)の発動に対抗し、2兆ウォン前後の報復関税を賦課するカードを使う。米国の通商圧力が半導体・鉄鋼などに拡散する可能性が大きいだけに、政府も対応水位を最大限に引き上げ対抗作戦を展開するというものである・・>

http://v.media.daum.net/v/20180125180350196?rcmd=rn

文政権・・相手が中国なら同じことできたかな?

 

・NEW「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります!

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

169+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5