韓国のTV、元CIAのインタビューから文政権への批判内容はカット?

早くも今日の更新その3です。

中央日報によると、CIAの北朝鮮分析官出身のブルースクリンナー(Bruce Klingner)・現ヘリテージ財団上級研究員が、ツイッターで「私のインタビューの中で、文政権を批判した部分の多くが削除された」と主張しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ツイッターの内容は、「ソウルにいる間、韓国のTVとインタビューをしたが、後に『ムン・ジェイン政府に過度に批判的な主張は、編集するように』という圧力があったと聞いた。放送でも批判の部分は多くがカットされた」というものです。

「韓国のマスコミは、ムン・ジェイン政府は開放性と透明性を愛していると言ったのに、ね」とも。

「TV」がどの放送局かは、明らかにしていません。CIAの北朝鮮分析担当だったとすると・・「文政権への批判」もそっち方面だったでしょうね。

http://v.media.daum.net/v/20180125013804278?d=y

しかし、最近は明らかにネットのコメントもおかしいし・・いろいろと、「寅」は言論弾圧がうまい「フレンズ(同志)」ですね。

 

・NEW「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります!

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

157+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5