ダボス会議での「平昌の夜」、ガン無視される

朝鮮日報の報道です。

スイスの世界経済フォーラム(ダボス会議)で「韓国・平昌の夜」という行事があったそうです。

外交部(日本の外務省にあたいする)と平昌オリンピック組織委員会は、記事によると「相当力を入れていた」そうで、「世界の主要人事525人参加する予定で、参加者はより増えるものと見られる」と話していたそうです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ですが、実際に参席したのは300人程度で、しかも「ほとんどが韓国の人(韓国の政界、財界の人)だった」とのことです。

記事のニュアンスからして、はじめから参席していたわけでもなく、慌てて途中から参席した(するしかなかった?)みたいな・・

ダボス会議の会長挨拶もできなかったとか(息子さんが代わりに顔を出してくれたそうです)。

http://v.media.daum.net/v/20180129031025656

 

韓国は、オリンピックが終わると、結果に関係なく大々的に宣伝するでしょう。大成功だった!と。

でも、何を以て「成功」と言うのか?が気になります。今回のオリンピックでもっとも得をするのは、どうみても北朝鮮ですから・・

ひょっとして、ダボス会議人たちも、同じことを考えていたのではないでしょうか。

 

NEW「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります!

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

167+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5