疲れる社会

2月に予定されている本に、日本は「人を楽にしてくれる国」という内容があります。労働やビジネスの類が楽だという意味ではありません。

レジにちゃんと並ばず、店側も客が並ぶことを前提にしていない、そんな店に入ると、あなたはどんな感情を抱くのでしょうか。怒る、困る・・いろいろあるでしょうけど、私は「疲れる」と思います。そして、それが店の責任だろうと客の責任だろうと、その店には余程のことが無いと行かないでしょう。

「日本は人を楽にしてくれる」の「楽」の意味は、先の喩えの「疲れる」の反対概念です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ちょうど、そんなニュースが話題になっています。

「タメ口で注文する客にはタメ口で答えます。飲み物も半分だけにします」という注意事項を書いたある店が、ネットで大きな話題を集めています。「いいことだ」という意見が多いみたいです。

ちなみに韓国語ではタメ口のことを「バンマル」と言いますが、「半」もバンと読むので、飲み物も半分だそうです。

http://v.media.daum.net/v/20180128110814238?d=y

 

中央日報に載るぐらいだから、結構話題になっているのでしょう。それもそのはず、こういうのがすでに韓国では「社会一般」の問題になってしまった・・そんな気がします。

タメ口で注文すると、この店は本当にタメ口で返すのでしょうか。喧嘩上等の態度を取るのでしょうか。

店の責任か、それとも客の責任か?それは意見が分かれるところですが、私はこう思いました。

「いいか・悪いかで考える問題で・す・ら・ない。ただ、見ていて疲れる」。

店でも客でもなく、社会そのものが、疲れるだけになってきたような、そんな気がします。

 

あと、本エントリーとは無関係ですが(部分的には関係あるかな?)、一時、私は韓国の若い世代を「確かに、経済面では被害者ではないのか」と思った時期があります。今でもそう思う側面はありますが、同情はしていません。なぜなら、考え方がどうも霊悪(ヨンアク:ずる賢い)だからです。

前に仮想通貨関連エントリーで、コメント欄に「韓国の青年たちは公平な分配を望んでいるだけではないか」という意見がありました。

それは、表面的には合ってますが、ちょっと違います。彼らは口では「公平」を言いますが、それは「勝者は不公平だ」と言いたいだけのこと。実は、「結果的に他人より自分が多くを取る」ことを望んでいます。

いつだったか、配慮という言葉にも同じ解釈をしたことがありますが・・韓国社会では、「公正」や「公平」という言葉も、他人が守るべきものであり、自分が守るべきものだとは誰も認識していません。

本当に全員がまったく同じ分を取る社会なら、彼らは満足するかもしれませんね。でも、共産主義でも実際にそう分配するのは難しいじゃないでしょうか。

だから、今日のような記事を読んでも、「ふーん」としか思えなくなりました。

 

NEW「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります!

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

“疲れる社会” への114件の返信

  1. シンシアリーさん
    日本は「人を楽にしてくれる国」というのは、
    ちょっと褒めすぎ。
    海外に出る日本人には、「日本はストレスだらけ」「窮屈」
    と思ってる人も多いですよ~
    私も そう思ってたことあるけど、
    今は、日本が一番安心な国になってます。

  2. >「タメ口で注文する客にはタメ口で答えます。飲み物も半分だけにします」

    なんか面白そうですねw
    こういうの、韓国なら絶対カウンター勢力が出てきそうな気がするんですがw
    わざとこの店でタメ口注文する集団とか。
    さらに飲み物が半分であるのは不当として訴訟を起こされる可能性。
    私にはこれが定着するようにはとても思えないですね。
    こういうルールを破ってこそ韓国人と言える。
    それが韓国が韓国であり続ける理由なのだと。

  3. 英語における「アンフェア」とは「自分に不利」の意味で、「フェア」とは「自分に不利ではない」の意味だと聞いた覚えがあります。
    英語では「フェア≠公平」と言う事です。
    恐らく、「公平=どちらも有利でも不利でもなくイコールコンディション」なのは、日本語を含むごく少数の言語なのでしょう。

コメントは受け付けていません。