新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」のご紹介

こんにちは。シンシアリーです。

おかげさまで、また新刊をご紹介できること、実に嬉しいかぎりです。

2月23日発売の新刊、『人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~』です。なにか楽なのかは、ちょうど昨日のエントリー「疲れる社会」にて、「疲れる」の反対概念であると、書いたとおりです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本文にも同じ趣旨の内容がありますが、いままで書いてきた本は、私なりの日本論を加えたものの、全てが「韓国論」でした。

いつだったか、私が自分のことを「場違い」と言ったことを、読者の皆さん、覚えておられますか。

私の在留資格は「著述家」です。「日本住在の韓国人著述家」です。もう「韓国住在の韓国人歯科医師」ではありません。

「韓国論しか書けない著述家が日本で作家活動をすること」と、「日本論『も』書ける著述家が日本で作家活動をすること」は、あまりにも大きな差があります。前者は、これもまた「場違い」です。

そんな私が書いた、初めての日本論が、本書です。自分なりの韓国論を加えたものの、「日本論」です。

 

以下、「はじめに」から引用いたしますと:

<・・最近、「リセット」だの「希望」だの、「今の日本」を否定しようとするフレーズがこの国、日本に溢れています。リセットは過去をなかったことにしてやり直すものであり、希望というのは、最悪の状況にあっても、最後の最後に残るものです。今の日本に、そんな言葉が相応しいのでしょうか。日本に問題があるとして、本当にそれはこの国、日本を全体的に否定しなければならない問題なのでしょうか・・(中略)

・・そんなことを言う人たちに対し、「それは違う」と、自分なりの説得力を持つて反論することはできないのか。本書は、そんな私の願いがかなった、一つの形です・・>

そんな本となります。本文の後の「著者関連のお知らせ」にアマゾンリンクがございます(※まだ表紙画像はありません。後でUPします)

 

いつも同じことばかり申していますが、今回も他の言葉が思いつきません。

「ありがとうございます」。

シンシアリーは、ブログも本の執筆も、これからも、頑張ってまいります。

 

2月7日、表紙と内容紹介を別のエントリーにまとめました。

「人楽・日本」の内容紹介

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

“新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」のご紹介” への81件の返信

  1. 何だか目に汗が溜まる泣ける事を書いて下さり、ありがたく受け取らせてもらいます。

    御本楽しみに待ちま〜す。

  2. 率直に言って、韓国人の説く日本論でまともなものは非常に少ない。

    これまで、シンシアリーさんが韓国論を書くことには、一方的な有利さがあったんですよ。

    わたしたち嫌韓は、韓国論を書いてもどうせ公平な見方にはならないし、韓国人の述べる韓国からしか、韓国を知ることができない。
    それは、韓国で暮らしている韓国人よりはるかに一面的な見方だ。

    そして、量産型韓国人は、韓国の見方からしか物事を見られない。
    結果的に、唯一とまでは言わないが、ほかではありえない韓国論をシンシアリーさんだけが書くことが可能となっているんですね。

    一方で、韓国人の書く日本論というのは、実にありふれた代物だ。
    しかも、韓国論と異なり、日本経験が浅いというハンデもある。

    それを本で説いて、日本人を納得させるのは非常に難しいことだと思うんですよ。しかしむしろ最初から完璧主義ではいけない。
    日本人は不完全であることを愛する、物事は不完全であるからこそ美しいんです。

    完成したものというのは、ある意味無価値になってしまう。
    日本では、「今日より明日が良くなる」こと、これが日本論の真髄だと思うのです。

    昔の日本を変えないこと、日本が変わらないことを説くなら、それは日本論としては間違っていますよ。逆の言い方をすれば、韓国は1000年変わらない国なのです。

    1. いろんな箇所に同意します。
      パラドックスですよねー。

      文化伝統を守っているように思える日本人は、実は常に向上心を持っていて、挑んでいる。実は変革し続けている。
      文化伝統を守っておらず変化しているように思える韓国人は、実は同じ事ばかり繰り返して失敗している。実は何も変わっていない。

      日本ではうどん屋一つでも、ただ味を守ろうとすると味が落ちていくという。それだけではなく、材料の質の変化、気候の変化、そういうものと毎度格闘している。
      職人もそう。時代の求める技術を身に付けながら、自前の技術を高めていく。誰もが苦心していて、甘んじたら終わりだと言う。
      結局、常に向上していこうとしない限り、継続できないし、伝統としては受け継がれない。
      ここまではいろんな人の受け売り。

      伝統が継承できる事も、物事を改善できる事も、本質的には同じなのだろう。
      根っこの部分の価値を理解し、その価値を保ちつつ、自前のモノを高めていく。それが日本人の適性の一つだと思う。

      私もシンシアリーさんは韓国そのものを書く方が良いと思う。
      日本を見て論じるより、なぜ同じ失敗を繰り返すのか、その原因となる韓国の思考パターンや、韓国の力学のダナミズムを深く論じた方が良いような気がする。
      懸念としては、韓国人(韓国人に限らないけど)は自国を日本と比較する際、「日本にある○○の部分が自国には無いから」という陳腐な考察ばかりになる。それはメカニズムの説明には全くなっていないし、読む度にゲンナリする。

      1. ※訂正

        ダナミズム > ダイナミズム
        表現として見た時の、動きの持つ迫力のこと。

  3. お昼のニュースで北が合同文化行事の中止を通告したことに、韓国政府は「合意を履行しなくてはならない」と言ったそうです。

    どの口が言うのか〜〜〜〜〜!!!

    スレ違いですみません。

  4. ある意味、第一弾ですかね。

    おめでとうございます。

    アマゾンでポチッとします。

  5. amazonでポチってきました
    今度はどんなうろこが目から落ちてくれるか楽しみです

  6. 新刊、楽しみにしてます。
    今までの本も、ほぼざっくり読んでます。
    (どの本も1回目はざっくりなので、2回目以降にじっくりいってますf^^;)
    どの本も、テーマがあって面白いです。

  7. これは買わざるを得ないかも知れない…。

    韓国の恨という文化。
    これは感情が負へと負へと連鎖していくない逃げ場のない方に自ら進んでいく愚かな感覚だと言わざるを得ない。

    例えばの話
    裁判で訴えられた側が勝った場合、訴えた方に裁判費用、弁護士費用、人件費や諸経費、心的苦痛の慰謝料などを請求出来るだろうか?
    可能だが、拒否されたら今度は原告に対して告訴を起こす事になる。

    当然、また勝った側が、訴えた方に裁判費用、弁護士費用、人件費や諸経費、心的苦痛の慰謝料を請求を逆告訴を起こす。また勝った側が逆逆告訴。
    永遠に裁判報復が繰り返される。
    これを乱訴という。

    韓国の場合は「恨の文化」というのはこの乱訴が延々と続いている状態。
    だから誰も止められない。
    竜巻を止めようとするようなもので仲介に入った者が巻き添えを食らう。
    韓国人自身が自分で気がついて自分で恨の竜巻ファイターをやめるしかない。

  8. 新刊楽しみにしてます(^_^)/
    中央日報(韓国版)のリセットコリアの用語は違和感あり過ぎです
    明治維新をリセットと取らるのは間違いだと思いますし
    内部でリストラクチャリングして外部とは時間を掛けて改善して来たと思ってます
    他人が楽にしてくれる訳が無い。自助努力が無ければ

  9. 新刊楽しみにしています。
    ブログは無理の無い範囲で宜しくお願いします。

コメントは受け付けていません。