新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」のご紹介

こんにちは。シンシアリーです。

おかげさまで、また新刊をご紹介できること、実に嬉しいかぎりです。

2月23日発売の新刊、『人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~』です。なにか楽なのかは、ちょうど昨日のエントリー「疲れる社会」にて、「疲れる」の反対概念であると、書いたとおりです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本文にも同じ趣旨の内容がありますが、いままで書いてきた本は、私なりの日本論を加えたものの、全てが「韓国論」でした。

いつだったか、私が自分のことを「場違い」と言ったことを、読者の皆さん、覚えておられますか。

私の在留資格は「著述家」です。「日本住在の韓国人著述家」です。もう「韓国住在の韓国人歯科医師」ではありません。

「韓国論しか書けない著述家が日本で作家活動をすること」と、「日本論『も』書ける著述家が日本で作家活動をすること」は、あまりにも大きな差があります。前者は、これもまた「場違い」です。

そんな私が書いた、初めての日本論が、本書です。自分なりの韓国論を加えたものの、「日本論」です。

 

以下、「はじめに」から引用いたしますと:

<・・最近、「リセット」だの「希望」だの、「今の日本」を否定しようとするフレーズがこの国、日本に溢れています。リセットは過去をなかったことにしてやり直すものであり、希望というのは、最悪の状況にあっても、最後の最後に残るものです。今の日本に、そんな言葉が相応しいのでしょうか。日本に問題があるとして、本当にそれはこの国、日本を全体的に否定しなければならない問題なのでしょうか・・(中略)

・・そんなことを言う人たちに対し、「それは違う」と、自分なりの説得力を持つて反論することはできないのか。本書は、そんな私の願いがかなった、一つの形です・・>

そんな本となります。本文の後の「著者関連のお知らせ」にアマゾンリンクがございます(※まだ表紙画像はありません。後でUPします)

 

いつも同じことばかり申していますが、今回も他の言葉が思いつきません。

「ありがとうございます」。

シンシアリーは、ブログも本の執筆も、これからも、頑張ってまいります。

 

2月7日、表紙と内容紹介を別のエントリーにまとめました。

「人楽・日本」の内容紹介

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

“新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」のご紹介” への81件の返信

  1. 月にシンシアリーさんのお姉さんの回復をお祈りしました。

  2. このブログに初めてお目にかかったのは3-4年前だったのですが、ボクの初のコメント投稿は「日本(人)」論を書いてほしい、でした。どんな切り口なのか楽しみです。

  3. 自分が子供の頃、まだ高度成長期していた頃は、日本人は「日本はダメだ日本はダメだ」と言っていたように覚えています。それが、失われた20年と言われている間に、みんな「日本はええ国や~」と言うようになったと感じます。

    国際的プレゼンスは低下し、少子高齢化で人口が減少し始めているのに国は1000兆円もの借金を背負い、さらに増える一方。中国の指導者たちなどは、日本は終わった国だと思っているでしょう。そんな日本をええ国や~と言っている日本はキリギリスの国ですね。

    いい所はいい所として、そうでない所は謙虚に向き合う。それが韓国人とは違う、日本人の美徳であり、日本をここまで発展させてきた原動力だと思います。大したものがないのに、ウリナラの長い歴史、先進文化。韓国人は優秀な民族などと言っている韓国人が良い反面教師です。

    日本は楽な国かというと、そうでもないと思います。よく日韓間のビジネスに関わっている人は、「日本では問題を起こさないのがいいい社員。韓国では起きた問題を何とかするのがいい社員」というような事を言っていました。問題を起こさないようにするためには、事前にいろいろ気を使って調整をしなければならないわけで、それをやらなくていい韓国は、とりあえず何でもやりたいように出来るという点では楽なのだと思います。ただし後で大変なことになる恐れがある。

    まあ日本人としては、確かに日本はごちゃごちゃ煩い事が多くて行き過ぎではないかという所もありますが、やはり韓国式よりは日本式の方が100倍良いなと思いますね。

  4. 本を読んでもないうちに、早まって書いてしまって反省もしています。
    私は「恨、反日」は、韓国の宗教だと理解しました。
    なので、どうあっても冒涜は許さない、許されない事である。
    タブーの世界なんです。又、絶対の世界でもある。
    ただ、この二国の共通点がある事も学びました。
    それは「宗教感」
    日本人に「宗教は?」と聞かれても明確には答えられない。
    それは文化、生活などに身に沁みているからでは?コンビニなど比較にならないほどの御寺、神社の数、また、神道には宗教でいう「教えも決まった祈りもない」

    少し言い変えれば、韓国もそうでは?

    日本人は今後それをわかった上でのお付き合いをして行かなければならないとわかって来ています。
    そして「約束を守らない国」だという事も含めて。
    日本は世界から見て異常な程「老舗」が多い。なぜか?私が言わずとも、その理由はおわかりかと。
    「信用を無くす」事が、どれほど日本人にとって大きく絶対的な事なのか、それを取り戻す事がどれほどの事なのか。

    韓国はそれを無くしてしまったという事です。

    1. 確かに…
      本を読んでから感想を書くのが、礼儀ですね。
      私も反省します。

  5. ブログの卒業とか韓国系の話飽きたとか、宣言する必要ないから・・・

    1. >韓国系の話飽きたとか

      アホに限って、「ここは飽きた、もう来ない」「それは書くな、読みたくない」ってわざわざ書きに来るんですよね。

      興味ないんだったら、好きなところに行けば良いのでないかと。

  6. 曇ってもいいのかなぁ……と思いつつも

    (・∀・)いいねボタンをポチっとな

  7. アタシもコマ猫氏(01-31 01:39:38)、ノブスケ氏(01-30 23:23:13)の意見にそこそこ賛同です。

    個人的には、今現在、日本にとって問題となっている国や人々は、中国(中共)や中国人(漢族)だと思っている。

    以前、数か月(以上?)前、たしかコテハンでない方で、「このブログはもう卒業。これからは中国問題だ」てな雰囲気の事を言う方がいたが、実は私も内心かなりそのように思いながらも、シン氏のこれまでの実績などを挙げ反論したことがあった。

    韓国やコリアン(朝鮮民族)のこと、このブログ記事のおかげでかなり学べたと思う。個人的には「貢女」や「ウリ(一族)とワイロ」などの記事が面白かったと思いだす。
    結局、コリアンがかなり単純思考で行動しがちなところが、先が見えるようでもあるし、またか…と言う感じで新鮮味がなくなったのかなと思う。「恨」についてはなかなか理解しづらいが、日本人以外で「ケガレ」「言霊」が理解できないのと同じようなことではと思う。

    これも個人的興味ではあるが、比較論でも、日中韓とか、特に日米韓などがあれば読んで見たい。
    シン氏が日本に来られるという話の頃、多分経済的にも、年齢的にも問題ないだろうし、米国(大学など)に2~数年留学などされてはどうかと言ったのだが、それを思い出す。ブログは米国からでも継続できるだろうし。

    アタシはこのブログを卒業はしないが、特に記事は一応目を通すことが多いが、少し足が遠のきがち。
    コメ欄についても、韓国問題の位置変化か、ブログプロバイダを変えたことによるスマホ派が増えたことによるのか、以前よりも「オッ」と思わせるような意見が少なくなってきたように思う。これも個人的感想だが。

    1. >米国(大学など)に2~数年留学などされてはどうかと言ったのだが、それを思い出す。

      昨夜、TV番組で朝鮮学校の三年生が米国に留学して視野を広めたいのだけど、パスポートと北国籍と日本の朝鮮学校に在籍しているという情報だけでビザがおりなかった(匂うけど)との事。
      朝鮮学校で洗脳教育を受けていて、米国の社会で教育を受けてどう生まれ変われるだろうかと思った。多分、信仰は堅持で殻が硬くなるだけだろう。
      日本の左翼も憲法学者も小説家も詩人歌人も全共闘も、教育を受けた成績優秀者は考え方が変わらないバカの壁が幼少に出来てしまうからだ。
      所詮、米国でテクニックを学び、反日運動に精を出すのが目に見えている。そんな活動家の卵のビザを発給しないのは正解であろうと思った。

      sincereleeさんの感性が米国の留学で研ぎ澄まされるかとは思えない、詰らない研究者と枕を並べて職を得られるかもしれないが、彼の感性は死ぬだろう。
      飽くまで自由に市井でドールを密かに楽しむ人格こそが彼の魅力を醸し出しているのだと思う。

      1. >初心者Aさん

        初心者Aさんにとってのシンシアリーさんの魅力やそれを醸成するバックグラウンドは、初心者Aさんがおっしゃろ通りなのでしょう。

        留学することに関して賛否を表明する気もありません。

        ただ、感性が死ぬというのがよく分からないですね。周辺の意見や情報に惑わされ収集する情報に偏りができ、それが分析結果に影響を与えることはよくあることですが、これを是正しあるがままを見る目を持つことこそが、感性や洞察の役割なのです。そしてそれらは自我の深層との繋がりが深いと思います。つまり芽生えた感性は死んだりはしないと思います。

        実際に韓国人であるシンシアリーさんが日本で暮らすことを選んだのは感性が影響している可能性が強いでしょう。感じることと考えることは別のことです。

    2. 肩肘張って情報を得なくても良いから
      ここは個人ブログ
      《おっ》としたスレを君に期待したいなぁ
      人それぞれだよ

  8. 私もノブスケさんのご意見に共感します。
    ごめんなさい「何を今更」って感じがして、誰が、誰に?
    日本と韓国は、近いけど遠い国
    今後、これ以上騙されないようにする手立てとか?

    [福沢諭吉の言葉]
    もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
    東亜の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
    日本は、大陸や半島との関係を絶ち、先進国と共に進まなければならない。
    ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
    この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
    悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
    私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。

    昔も今も全く変わってない!
    これが結論では?

    昨日あるアンケート調査の記事を見ました。
    「日韓の今後改善されるか」
    そう思う
    韓国 50%以上
    日本 5%

    これを見てびっくり‼️
    良くなるって思ってるんか?
    どんだけ日本を甘く見ているのか?
    それと同時に日本人はもう諦めてるなあと改めて思いました。
    (ヤフーの記事からどっかに飛んで見た記事だったので、明確でなくすいません。)

    1. [追記]
      読売新聞社と韓国日報社の共同世論調査の結果が6月12日(2017年)に発表され、日韓関係の「今後」に対する両国の意識に大きなズレが生じていることがわかった。

      共同世論調査によると、今後の日韓関係について日本では「変わらない」が70%で最も多く、続いて「悪くなる」が20%、「良くなる」は5%だけだった。対する韓国では「良くなる」が56%と過半数を占め、「変わらない」32%、「悪くなる」7%の順だ。

  9. あんまり高尚な事を考えての発言ではなく、、(汗

    厳しい見方ですが、日韓比較なんぞ、溢れていて”つまらん”と思っただけです。
    日本オタクが世界中に存在し、日本通が日本での新鮮な気付きを語り、日本文化を分析して語ります。ネットだろうが雑誌だろうが、ぶっちゃけると、外国人が日本を語る情報は溢れているんですよ。

    そりゃね、日本好きなら、日本の事を書きたいでしょう。シンシアリーさんにとって、日本はまだ新鮮で良い刺激があり、韓国は日常化してありふれていて刺激が無い(つまらない)対象でしょう。言い換えれば、韓国はシンシアリーさんにとって飽きた国です。
    でもね、シンシアリーさんは、真っ当な韓国論を書く人として評価されているハズです。それに、日本人は外国人の薄っぺらい日本分析なんぞ要らんのですわ。自分の書きたい事が、商売や研究になるかは別ってことですな。
    しかも、誰も彼もがやっているような流行りモノに手を出すのはいただけない。さらに、日本と韓国を国として比べている日本人は居ない。比べる対象ではないのです。国としてこの二者を比べているのは、朝鮮系(帰化人や在日)くらいなものですよ。

    書きながら成長していく、、そういうプロセスとして理解はできるし、書きたいものしか書けないのも分かる。。。

    ただ、やはり、日本論や日韓比較は、日本人相手には釈迦に説法でしかないように思う。
    日韓比較で書く需要があるのは、日本人の常識が韓国人相手にどう受け止められて日本人側が損するか、その具体例や論理分析、、、くらいじゃないかな。我々日本人には、韓国人のありきたりな思考ルーティンは分かりにくいのだからね。読む意義も大いにあるだろう。それでも、文化というフワッとしたものに包んでしまうと読む意義はないかなぁ。

    1. 今の日韓比較論
      これから日本を体験しどう感情が変化するのか
      面白いと思うけどな

      1. 面白いと感じたり、期待したり、楽しみと思ったり、感じることは人それぞれですから問題ありません。
        褒め言葉や肯定的な意見ばかりでは、それはそれでつまらないでしょうからマンネリ化しないために色々な意見が出てくるのは良いことです。

        満額受け取るのも、ヒントにするのも、全否定するのもシンシアリーさんの自由です。

        そういう意味ではタゴさんのようなコメもあっていいのでしょうね。

      2. シンシアリーさんが今現在どのように思い、未来でどのように思うかという変化は面白いと思います。変わるのか変わらないのか。そういう意味で今の心境で本を出すことは興味深いと思いますね

    2. シンシアリさんという韓国育ちの個性、市井の特有の知性から見た比較論を期待してみたらどうだろうか。このブログに集まった人もこの新奇性に興味を持ったのだと思う。

      1. シンシアリーさんの持つタレント性のようなものも、考察や論理的な文章も共に本を買う動機になりうるのですよね。

        シンシアリーさんの感性や感情の揺らぎ、考え方の変化を楽しむのは前者。誰が書いたかではなく何を書いたかに重点を置くのが後者です。

        高いタレント性を維持し続けるのは中々難しいから、それ以外の魅力を開発するのはシンシアリーさんにとってメリットがあるのでは?と予見に近いコメントなんでしょうね。

      2. 斬新で、深いモノが書ければ、、、ね。良い意味で覆して欲しいものです。

        日本の市場で売れる本を書く、、という点にフォーカスすると、
        日本人の感覚からすれば、「韓国はなんで毎回業績を壊すの?」という点には明確な説得力ある説明が欲しいでしょう。
        しかし、一方で、「日本は韓国と違ってなんで業績を壊さないの?」という点の説明は欲しいと思わないでしょう。それが知りたいのは日本人ではない人だけです。

        こういう基本的な事を踏まえれば、
        日本論が商品として必要か、日韓比較のどこまでが価値があるのか、そこは一考すべきだし、理解すべきでしょう。

        そこを分かった上で書いているのなら、内容を期待します。どの道買って読みますからね。

        1. >「韓国はなんで毎回業績を壊すの?」という点には明確な説得力ある説明が欲しいでしょう。

          →この説明が知りたいのですよね。
          それによって
          >「日本は韓国と違ってなんで業績を壊さないの?」

          の自己認識を改めて確認することが出来るのですから。

  10. 発売前にでもちゃちゃっと韓国に行ってお姉さんのお見舞いが出来るといいんだけど。

コメントは受け付けていません。