韓国紙「日本政府に竹島問題公開討論会を提案すべき」

左派寄りのオーマイニュースが、「韓国政府は日本政府に独島(以下、竹島)問題の公開討論会を要求すべし」「それだけが日本国民に真実を教えられる」と主張しました。まとめてみます。

・日本は竹島問題で賊反荷杖(悪いことをして反省せずに逆ギレする)を続けているが、それを止める手段は無いのか。日本政府の教育のせいで日本国民は竹島が日本の領土だと信じるようになった

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・韓国は日本政府に竹島領有権の「歴史的権原(historical title)」が誰にあるのか徹底討論を提案すべきである。歴史、地理学、国際法、海洋法など韓日両国の代表的な竹島専門家が一堂に会し、学術的、法理的フォーラムを繰り広げ、両国で生中継するのだ。これこそが普通の日本人たちに竹島の歴史的領有権の真実を知らせる有用な解決策である

・日本政府が「竹島は歴史的にも国際法上で明確に日本固有の領土」という嘘を繰り返し、国際司法裁判所の判決に任せようと従来の主張を固守し、議論に応じないのは明らかだ。日本政府が応じない場合でも、竹島に対する「実効支配」が変わらない以上、おそらく断交まで行くかもしれないほど(両国関係は)凍りつき、対北朝鮮問題への協力と対米関係にまで影響を与えることもあるかもしれない

・しかし、私たちは日本政府が議論を拒否したことを批判できるし、日本の討論拒否を根拠にして、日本国民が自国政府を信じないようにできるし、日本政府には続いて議論を受け入れるようにと圧迫できる

http://v.media.daum.net/v/20180131135701263

 

・・・記者は、討論を提案するとなぜ断交まで行くと思っているのでしょうか。

「韓国が実効支配しながら討論を提案した」と日本側が怒るから、だと思っているのでしょうか。

国際司法裁判所でも討論はできるから、そこでやればいいだけのことではありますが・・・討論会の生中継ですか。一度見てみたい気もします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・NEW 11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+172

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5