韓国の「伝統人形」とは

あれ?と思ったことがあります。

ひな人形のこともあって、「韓国にはひな人形みたいなものが無かったのかな?」と。

日本の伝統人形といえば、考えるまでもなく普通に「日本人形」(実にストレートな名前ですね)とか、ひな人形も古くから愛されていましたし、いろいろあります。現物も残っていますし。

別にひな人形みたいなものでなくてもいいから、韓国の「伝統人形」とは・・・何でしょう。韓国にいた時、博物館もそこそこ回ってみたし、一度ぐらいは見たことがあるはずですが、まったく記憶にありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国側のネットショッピングをいろいろ回ってみましたが、「伝統人形」で検索しても、

「韓国の伝統衣装を着ている人形(小さな陶材人形など)」、すなわち伝統っぽいデザインの人形はヒットしますけど、韓国の「伝統人形」はヒットしません。

調べた所、

「新羅時代の遺跡の中から粘土で作った『人の形をしたもの(多分、人形)』が出てきたことはあるが、韓国に古くから伝わる人形の現物、またはそんなものがあったという記録はどこにも無い」だそうです。

伝統人形が無いから、時代劇に出てくる「美化された」昔の服装を着た人形を作って、その呼び方を「伝統人形(ジョントン・インヒョン)」としているみたいです。外国観光客たちに人気だとか・・

 

韓国で数十年暮らしたのに、こんなことに気づいてなかったとは、不思議な感覚です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

180+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5