韓国、誣告罪と「me too」運動の裏

韓国では最近、「me too」運動が流行っています。

誰かが「セクハラ(など)をされた」と告白し、それに応じる形で「私もやられた」と 告白することで、社会から同じ犯罪を無くす、というものです。

韓国では、少なくとも記事になる件では、基本的に上下関係による性犯罪(パワハラなど)に「私もやられた」とすることが圧倒的に多いようです。

ですが、「裏」があるのも事実です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

もともと「上」を悪者扱いする韓国だけあって、me tooは「善なる行為」「積弊清算」とされていますが、

中央日報の2017年11月27日の報道によると、こういう↓現実がありまして。

<・・和解金や(相手の)名誉毀損を目的に「性的暴行を受けた」と虚偽に申告するケースが近年増えつつあることが分かった。

26日、警察庁の統計によると、昨年(2016年)誣告罪発生件数は3617件、2012年2734件より32.3%増加した。このうち、性犯罪の誣告が占める割合は、全体の誣告罪の40%ほどであることが分かった。

性犯罪事件の場合、物的証拠がなくても、被害者陳述が一貫して情況に合理性があれば裁判で証拠として認められる場合が多いため、性犯罪の誣告事例も増加していると分析される。誣告罪の処罰は、比較的低いほうでもある。

現行法上、誣告罪は最大法定刑懲役10年、罰金1500万ウォン水準の処罰を受ける重罪だ。しかし、初犯の場合は執行猶予や軽い罰金刑罰にとどまり、「アニミョンマルゴ(※)」式の訴えが増えるという指摘も出ている。

(※)「違ったらやめる」と言う意味で、何も考えずにとりあえずやっておく(この場合「訴えておく」)という意味

昨年誣告罪で起訴された2104人のうち、わずか5%に相当する109人だけが拘束されたし、残りの95%は在宅起訴されたり略式命令にとどまった。検察庁の統計によると、昨年立件された者は9957人だったが、起訴された件数は2104件にとどまった。起訴されても実刑が宣告された割合は10%にとどまり、普通は懲役1年未満が宣告される・・>

http://v.media.daum.net/v/20171127100008032

 

少なくとも韓国のme too運動は、あまり信用ならない・・そんな気がするのは、私だけでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

160+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5