韓国の北朝鮮公演、金正恩氏が絶賛・・「春が来る」

アイドルグループからチョ・ヨンピル氏など有名歌手までいろんな人が参加し、韓国の「芸術団公演」がありました。場所は北朝鮮、平壌。

記事によると金正恩氏、その奥さん、朝鮮労働党の実力者が多数公演を観覧し、金正恩氏と観客は「起立拍手」し、「公演が終わった後、金委員長は出演者と会って、ムン・ジェイン大統領にこの公演がどれだけ素晴らしいものだったかをちゃんと伝えてほしいと話した」とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180402033604855?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

芸術公演までやめろとは言いたくありませんが・・なんでしょう。この不快な気持ちは。

しかも、「春が来る」というのが公演のテーマだそうですが・・じゃ、いままでの南北関係は冬だったのでしょうか。これでも、大勢の人たちの血と努力で保たれていたのですが。

「恩」に答えるより、「恨」で責めるのが韓国・・いや朝鮮半島の考え方。

分断は「強大国のせいだ」「特に日本のせいだ」とするのが韓国の立場です。そう考えている人たちが「春」を論ずるなら、その目標は一つだけ。「ウリ民族キリ(私たち民族だけで)」でありましょう。

外国勢力の撤収。その象徴となりえるのは・・・・やはり、米軍撤収でしょう。

その話が本格化するのは、いつになるのか?

前にも書いたことがありますが、韓国がその根拠「もどき」にしているのは、停戦協定4条です

まずは27日の首脳会談で「終戦」または「平和」協定の話が出てくるのか、またはどこまで具体的に出てくるのか、そこに注目したいと思います。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

130+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5