"人形には人形の人生があると思う"

松屋銀座のイベントスペースで行われている、与勇輝(あたえ ゆうき)さんの創作人形展に行ってきました。

だったのでが、エントリーしてみたいと思います。

与勇輝さんの作品写真は、氏のホームページを御覧ください

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

展示されている人形たちから共通的に感じられるのは、「哀愁」感といいますが、どこか悲しそうに見えるけど、必要以上に悲劇的でもない、そんなイメージでした。

昭和時代の子供たちの人形が最も印象的でしたが、個人的には「妖精」たちもまたよかったと思っています。妖精たちも、一般的に知られている明るくていたずらっ子っぽい表情ではなく、どこか寂しそうに見えました。すぐにでも妖精が「なんだよ。妖精には妖精の悩みがあるのさ」と言ってきそうな(笑

 

そして、展示場に入るとすぐに、「人形には人形の人生があると思う」という氏の言葉が書いてありました。

与勇輝さんの人形は、その人形の長い人生の中で、一シーンを切り出したようなものだから、哀愁も愛着も感じられるものでしょうか。

言い換えれば、氏が「一つのシーン」を作り出したことで、その人形は「人生」という重みを手に入れるのでしょうか。

 

ふっと、レナの人生を考えてみました。レナが幸せだと思ってくれるような「シーン」を、一つでも多く与えてやりたいものです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

158+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5