韓国「魔女を晒し者にしようぜ。規則?変えればいいじゃん」

以下、去年7月に、旧ブログに書いた内容です。

<昔は、罪人を公開処刑する前に、処刑場まで連れていきながら、罪人を街中で「さらしもの」にしました。韓国の大法院(最高裁判所)が、(2017年)8月1日から裁判の1、2審の生中継ができるように、規則を変えました。被告の同意が無くてもできるそうです。

「・・最高裁は25日午前、ヤン・スンテ長官が主宰する最高裁判事会議を開き、8月1日付で、現行の「法定傍聴及び撮影等に関する規則」を改正し、1・2審裁判の宣告の生中継を許可することにした・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・ただし生中継を許可するかどうかは、裁判長が決定することになる。被告人の同意がなくても、公的利益が大きいと裁判長が判断した場合には中継放送が可能になる。これにより、朴槿恵前大統領などの宣告結果を全国民が裁判所に行かなくても生放送で確認することができる道が開かれた・・」>

http://v.media.daum.net/v/20170725141532943?rcmd=rn

 

その1審が、今日の午後2時10分からとなります。

朴槿恵氏は生中継しないでほしいと訴えましたが、却下されました。ただ、出席しない(不出席)可能性が高いため、テレビ画面で魔女の惨状を楽しもうとした韓国民は、すこし不満かもしれません。

規則を変えてまでやることでしょうかね・・これ。

裁判結果が出たら、またエントリーします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

137+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5