北朝鮮「朴槿恵逆徒」

北朝鮮の朝鮮中央通信が朴槿恵前大統領の裁判結果を報道しました。朴槿恵氏を「逆徒(反逆を起こした者)」としていることが印象的です。

あえて直訳してみます。

<・・「南朝鮮のKBS放送によると、6日、ソウル中央地方裁判所が特大型不正醜聞行為の張本人である朴槿恵逆徒に懲役24年の刑と罰金刑を宣告した」、「裁判所当局は逆徒が大統領の職権を悪用してチェ・スンシルと共にミル財団とKスポーツ財団を非法的に設立し財閥から多くの資金を賄賂として受け入れ食べやがったと主張した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180407211151206

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「受けて食べる」は「受け取る」の俗な表現です。

なぜ「逆徒」という表現なのか。本ブログの読者の方々ならお気づきでしょうけど、それは韓国政府が米国の傀儡(カイライ)だからです。

北朝鮮からすると、朝鮮半島の唯一の政府は、北朝鮮の金正恩政府のみ。韓国政府は朝鮮半島の南半分を違法占領している群れなのです。だから、逆徒と呼ぶのは当たり前かもしれません。

 

北朝鮮が文在寅政府を「政府」として認めているのかどうか、そこも気になるところですね。

余談ですが、朴槿恵大統領、控訴を諦めるのではないかとの噂が出ています。

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

130+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5