韓国の国会議員たち「国会次元で独島(竹島)を訪問する」

韓国の国会、「教育文化体育観光委員会(教文委)」所属議員たちが、16日に独島(竹島)訪問を推進しているとのことです。

「国会次元での訪問」と言い切っています。

記事によりますと、<・・ユ・ソンヨプ教文委員長は9日、報道資料を通じて「日本が先月30日、高校の学習指導要領確定通知を介して、事実上、独島の歪曲教育を完成させたことについて厳重抗議し、領土主権守護と正しい歴史認識を高めるために、国会が積極的に取り組まなければという判断に基づいて(今回の訪問計画が)行われた」と述べた。続いて「これ以上、日本の独島歪曲を放置すると、取り返しのつかない状況になる」、「状況がこのように悪化したのは、私たちの政府と政界の安易な対応のせいもあるので、国会次元の独島訪問を積極的に推進することになった」と説明した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180409182529670?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「国会次元で」と言い切ったこと以外にもう一つ気になることは、訪問する人数は記事では明らかになっていませんが、「与党と野党が協力する」という点です。<・・今回の訪問を通じて与・野党が一致協力して、日本の歴史歪曲に対して厳重抗議し・・>、と。

ご存知でしょうけど、朴槿恵大統領の1審裁判のこともあり。最近、「左右葛藤(左派と右派の衝突)」はさらに深刻になっています。

6月の地方選挙を前に、劣勢の野党(自由韓国党)の雰囲気も最悪で、与党(共に民主党)や文在寅大統領のことを少しでも攻撃できる案件を目の色変えて探しています。

そんな状況で、こういうのは「与・野党が協力して国会次元で~」ですから・・反日って、本当に国是そのものですね。韓国では。

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

142+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5