検察、李明博氏の資産111億ウォンを追徴保全(処分禁止)

韓国の検察が、李明博元大統領の財産を「実名のものも、多分李氏のものと推定されるものも」合わせて111億ウォン分の追徴保全(処分・譲渡できなくすること)を請求しました。

http://v.media.daum.net/v/20180410174607751

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「多分、李氏のもの」とされている財産(土地など)には、親族のものも含まれています。

李元大統領は賄賂約110億ウォン、横領が約350億ウォンとなっています。実名財産だけではその追徴ができないと判断し、借名(他人の名義)の財産も保全するようにした、とのことです。

まだ裁判所の判断は出ていませんが、朴槿恵大統領の財産も「実名のもの28億ウォン、彼女の名義じゃないけど多分彼女のものと思われるもの30億ウォン」などが追徴保全されているので、今回も追徴保全は成立すると思われます。

 

2MB・・・長い間、『ネタ』供給をありがとう (`・ω・´)ゞ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

121+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5