朴槿恵氏、控訴放棄書を提出

朴槿恵前大統領が、控訴放棄書を提出しました。これで妹のパク・クンリョン氏の出した控訴は無効となりましたが、検察が控訴しているので、検察側の控訴だけで裁判が進むことになります。

画像キャプチャー:聯合ニュース

http://v.media.daum.net/v/20180416162234905?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

MBNによると、

「2審裁判は、検察が控訴した内容を中心に進行される見込みです。検察は1審のうちのいくつか無罪部分に問題があり、全体的な量刑も不当であるとの旨を控訴しました」、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180416170514996

 

ソース記事でも指摘していますが、韓国では「判決を受け入れたのではなく、裁判そのものを信頼せず、ボイコットしているのだ」という見方が支配的です。

決して見下すつもりはありませんが、彼女を見ていると「哀れな人」と思わざるを得ません。色んな意味で。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

136+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5