米上院議員「韓国は、同盟国であることを認識すべきだ」

コリーガードナー共和党上院議員が、韓国に「同盟国であることを認識すべきだ。在韓米軍は韓国に遠足に行ってるわけではない」とVOA(アメリカの声)インタビューで話しました。

保守系のネットメディアの報道ですが、彼の言葉を引用した部分だけ紹介します。

・「北朝鮮は、米国との首脳会談に先立ち、非核化の意志を証明するための手続きを開始しなければならない。米国はもう愚かであってはならない」

・「『一度騙されたのは相手が悪い、二度騙されたのは自分が悪い』という言葉がある。米国は過去にも金氏一家が似たような約束をして以来、すべてを破る姿を見てきた」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・(韓国が「段階的な非核化」を論じたことに対して)「非核化のための具体的かつ検証可能なアクションがあるかどうかをまず確認しなければならない」、「現時点で北朝鮮は、(アメリカからの)どのような形の緩和措置も受け取ることができないだろう。相応の真実性を示していないからだ」

・(米国が過去の失敗を繰り返さないためにはどうすればいいのかという質問に対し)「唯一の方法は、最大の圧力を継続して制裁をさらに強化することだ」、「北朝鮮が核プログラムのための財源を確保することをさらに困難にすることだ」、「北朝鮮に同調する者たちにも継続制裁を加えなければならず、北朝鮮を国際社会から経済的・外交的に断絶させなければならない」

・(外交的な合意に至ることが出来なかった場合にはどうするのかという質問に対して)「北朝鮮が非核化を拒否し続けるほど、外交的方法が成功する可能性も低くなるだろう」、「朝鮮半島に米軍が駐留するのは、いい天気を楽むためのものでもピクニックのためでもない。米国の同盟である韓国と日本を守るために、米国の利益を守るために韓国にいるのだ」、「外交が失敗した場合、米国は用意ができている」、「(ムン・ジェイン大統領は)米国との同盟を認識しながらキム・ジョンウンとの会談に出ることが重要である」、「同盟の決定は、同盟によって、そして同盟を通じて行われ、北朝鮮政権に一様に対応するために協力という点を明確に認識しなければならない」

他にも「南北首脳会談で、金正恩が嫌がるということは、北朝鮮の人権問題を議題にしない言い訳になれない」とも話しました。

http://www.bluetoday.net/news/articleView.html?idxno=18085

※危ないサイトではありませんが、広告がちょっと多めかな?と思って直リンしませんでした。ソースサイトにはURLコピペでお願いします。

なんか、現状の「まとめ」みたいなインタビューだったので、エントリーしました。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

152+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5