変わらない

本ブログに書いてあるいくつかの「韓国社会に対する個人的な見解」の中には、「韓国社会の問題は問題そのものというより、問題が改善しないこと」や「韓国社会に改革や革命は無理」などがあります。

それらに共通することですが、「権利を得るのは私だが、責任を取るのは私ではない」という心理があります。「配慮は私が他人にやるのではなく、他人が私にやるもの」と書いたことがありますが、それも同じです。

去年12月、ジェチョンというところのスポーツセンターで大きな火事があり、29人が死亡しました。本ブログでも扱ったので、覚えておられる方も多いでしょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

それから100日。ジェチョン、同じ場所にMBNの取材陣が行ってみたら、いまでも消防車が通ることはできなかったとのことです。

2015年に130人の死傷者を出したイジョンブのマンションも同じで、消防車は通れなかったとのことです。

「商圏を守るために駐車禁止にできない」「取り締まりの場所じゃないし」「駐車禁止にしないといけない」意見はいろいろあるものの、結果は一つだけ。「何も変わっていません」です。

http://v.media.daum.net/v/20180411203543572?rcmd=rn

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

160+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5