ソウル・鐘路に全琫準の像を設置・・「親日派や日本の資本主義と戦った」

ソウルでも大勢の人が訪れる鐘路(チョンノ、종로)に、チョン・ボンジュン(全琫準)の像が設置されました。

http://v.media.daum.net/v/20180424125110973

タイミングいいな・・と思いました。なぜなら、韓国では彼は「反乱」「反日」の象徴だからです。

1894年あたりから、朝鮮半島の歴史では極めて珍しく、農民反乱を起こした人です。韓国で彼がどう認識されているのかというと、「朝鮮の封建制度は限界だ」「日本から入ってくる資本主義に反対した」「親日派が中心だった開化派と戦った」となっています。

http://100.daum.net/encyclopedia/view/b19j0499b

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ですが、妙なことがいろいろ、目立ちます。

まず、彼は「親が世の不理屈と戦って殺された」「彼が農民反乱を起こして、朝鮮の政府が彼を恐れて和平した」となっていますが、それらを事実と証明してくれる資料が残っていません。

しかも、封建制度を破ろうとした人が、「日本からの資本主義」「親日派中心の開化派」と戦ったという内容も、矛盾しています。じゃ、どこの国ならよかったのでしょうか?

そこから、全氏のことは「外国勢力に抵抗した」、すなわち「ウリ民族キリ(私たち民族だけで)」を夢見ていた、という解釈をされることもあります。しかも、彼が活躍した場所は、左派の本拠地でもある全羅道(全羅北道)です。

私は彼のことを、「ただ苦しくて農民反乱を起こしただけなのに、必要以上に反日の象徴として持ち上げられている人だ」と思っています。

次期大統領になる可能性がもっとも高い、パク・ウォンスン市長が率いるソウル。いろいろ、チョン・ボンジュンは、左派勢力から見ると「いま」の大韓民国にぴったりなチョイスかもしれません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

122+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5