警察、TV朝鮮を押収捜索(家宅捜索)※追記:捜索できず終了した模様

韓国警察が、TV朝鮮を押収捜索(家宅捜索)したことがわかりました。

TV朝鮮が妙なことをしたのは事実ですが、この前お伝えしたように今回のドリューキングコメント操作事件関連でいろいろあっただけに、TV朝鮮側は明らかな言論弾圧だと抗議しています。

TV朝鮮の新人記者(韓国では修習記者といいます)が、コメント操作で逮捕されたドリューキングが運営していた出版社の事務室に入り、タブレットPCを持ち出す事件がありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ビルのテナントの人から提案を受けてやったことで、彼を管理人だと思っていた・・とのことですが、実はテナントの人は管理人でもなんでもありませんでした(TV朝鮮側の説明)。新人記者はタブレットを事務室に返しTV朝鮮も謝罪放送をしました。

そして、急にTV朝鮮本社が家宅捜索されました。朝鮮日報の記事によると、「新人記者の行動は確かに問題だったけど、夕方にいきなり本社を押収捜索するのは極めて異例のことで、ここまでする理由があるのか」「修習記者の場合、本社に席(PCやデスクなど)が無い。警察がこれを知らないはずはない」ということでして。

http://v.media.daum.net/v/20180425185513826?d=y

 

うーん・・・タブレットを持ち出した、ですが・・・どっかで聞いたような気もします。チェ・スンシル氏の件でもこういうのありませんでしたっけ。そこから「偶然」大統領府の極秘ファイルが出てきた、と。

 

あ、ちなみに・・ドリューキングのことですが、日本の他のブログでは「ドルイドキング」となっていますが、カタカナ表記が違うだけで同じ人です。詳しくは「ドロゥキング(드루킹)」です。発音がややこしくて本ブログではドリューキングとしましたが、実は某PCゲームの魔法使い「ドルイド(ドロゥイド)」と「キング」を合わせて作ったIDだそうです。

 

※追記・・別ソースですが、記者たちが抗議し、そのまま警察と対峙。警察は押収捜索はできずに帰ったとのことです

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

123+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5