金正恩、訪南。会談は10時半から(※再追記しました)

金正恩氏が韓国を訪問、もうすぐ首脳会談が始まります。

韓国側は「朝鮮半島の非核化」、「平和定着」、「南北関係の発展」という三つのキーワードを出しています。

非核化の場合、本当に「非核化」を論ずるのか、それともこの前みたいに「核軍縮」など「それっぽいけど実は見当違いの言葉」を論ずるのか。それが気になるところです。朝、NHKが「北朝鮮は核保有国であるという主張を曲げないでいる」と説明していて、少し安心できました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「平和定着」は言い換えれば平和協定のことで、まずは終戦宣言から始めようとするでしょう。何度も書いてきましたが文在寅政権が守ろうとしている平和は「北朝鮮の金正恩体制の平和」であるため、これは米軍からの攻撃を防ぐためにも絶対必要になります。ただ、昨日のコメント欄でも指摘がありましたが、休戦協定には韓国は書名に参加していません。「参加してもらえなかった」という主張もあるものの、実は韓国側(李承晩政権)が休戦協定を「拒否」しました。この状態で終戦協定が結べるのか?という問題もありますが、いまのところ韓国側ではその話題はほとんど上がっていません。「上書き」するつもりなのでしょうか?

「南北関係発展」は、連邦制統一に関する議論とともに、対外的には「北朝鮮への制裁を解いてやってほしい」というアピールになるでしょう。

そして、昨日も書きましたが、「次の首脳会談」について言及することで、米国の攻撃などを牽制することでしょう。金と文の2人にとってはこれがいちばん大事なことかもしれません。

昼過ぎには何か発表があると思うので、また更新します。

 

※追記(再・再・追記)

約100分の会談後、キムン(キム+ムン)はラブラブランチとラブラブイベント(共同で植樹など)の後に各自休憩を取り、16時半から会談再開だそうです。

10時半から100分となると12時10分。ランチと植樹などで14時~14時半あたりになるとすると、約2時間の休憩で「間」を置くことになります。休憩が長い気もしますが。

とりあえず、次の更新は、何か発表(共同声明など)が行われたら速報致します。早くても17時半は過ぎてからになると思います。

それでは、また(・∀・)ノ

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

131+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5