元統一部長官「統一に天文学的なお金がかかるというのは、日本が流布した嘘だ」

チョン・セヒョン(丁世鉉)という人がいます。長く説明するより、「盧武鉉政府で統一部長官だった人」といえば、どんな思想を持つ人なのか、すぐお分かりいただけるかと。

(金大中と金正日の)首脳会談の諮問でもあったそのチョンセヒョン氏が、二五日に韓国の教育放送に出演して「統一の否定的世論を作った『天文学的な費用がかかる』というのは間違った計算によるもので、それを計算して流布したのは日本だ」と主張したことがわかりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<統一すれば、韓国が負担しなければならないいわゆる「統一費用」を初めて算出した国は、日本だという主張が出た。チョン・セヒョン元統一部長官は最近、EBS放送に出演して、南北統一に否定的な世論を造成していた天文学的な統一費用は、日本で最初に提起したと説明した。27日の南北首脳会談以降、統一への関心が高まり、この内容が再び話題になっている・・>

元長官は「その計算は間違っているとちゃんと言うべきだったのに」とも話した、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180429103948557

 

じゃ、なんで韓国がちゃんと計算して発表しないのでしょうね・・

とにかく、「日本が~」だから、一定の支持は得られるでしょう。この主張。

 

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

173+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5