韓国政府、脱北者団体の対北ビラに「厳重に対処」

対北「傳單(ジョンタン)」をご存知でしょうか。ジョンダンはビラ、ちらしのことです。主に脱北者団体を中心にいくつかの団体が、風船に「金正恩に騙されるな」など北朝鮮の反体制的内容を書いたメモを付けて、北朝鮮側に飛ばしています。風の流れさえ合えば、かなり遠くまで飛ばせるそうです。本エントリーでは「対北ビラ」とします。

首脳会談で決めたとおり、韓国政府が5日からこの対北ビラを全民禁止にするとし、「即刻中断しなければ、厳重に対処する」と公言しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事によりますと、<・・脱北者団体である「自由北韓(北朝鮮)運動連合」は5日、京畿道坡州(キョンギド、パジュ)市で対北ビラを散布すると予告した。彼らは4日、ホームページを通じて「5日昼12時」烏頭山(オドゥサン)統一展望台」の駐車場で事実と真実の手紙である「対北ビラ」を散布すると述べた。

この団体は、「(北朝鮮は)朝鮮半島の非核化という偽善に隠れて、6次にわたる核実験と計り知れないミサイル挑発に実戦可能な核ミサイルを完成し、もう実験が必要なくなったから演劇を企んでいるだけだ」と主張した・・>、と。

政府(統一部)は、対北ビラは板門店宣言に基づいて即刻中断すべきだとし、警察庁にも公文を送って積極的に取り締まるようにした、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180504163525965?d=y

板門店宣言したから、もう民間団体もそれに従うべきだ、ということですね。じゃ、このエントリーの本題は、以下の一行となります。

民間団体がやったことだから政府は知らない』はどこへ行ったのでしょうか。

 

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ 

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

136+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5