「死者の名誉毀損」で全斗煥氏の刑事裁判が始まる

「死者の名誉毀損」ということで、全斗煥氏の公判が始まります。

これは、実は518(光州民主化運動)と関わっている事案でもあります。どういうことなのか、説明してみます。

全元大統領は、去年出版した回顧録で、故チョ・ビオ神父を「悪質な嘘つき」、「仮面をかぶったサタン(悪魔)」と書きました。チョ神父は、1980年5月21日、光州で「ヘリコプター射撃」を目撃したと主張した人ですが、全斗煥氏側はこれを否定していました。この件が、「死者の名誉毀損」になったわけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

アジア経済の記事によると、「死者名誉毀損は、虚偽の事実を摘示して故人の名誉を毀損した場合に成立する。真実を摘示した場合には成立しない。このため、検察は当時、光州で出撃していたヘリコプターのパイロットや市民などを対象にヘリコプター射撃や全元大統領の介入があったかどうかなどを調査した後、全元大統領に犯罪の故意性が認められると判断した」、となっています。

http://v.media.daum.net/v/20180506083743175

http://v.media.daum.net/v/20180506115759569

すなわち、この件は死者名誉毀損などどうでもよく、ただ「ヘリ射撃があった」ことを法的に認めさせるのが目的だと見ていいでしょう。

二月、「ヘリ射撃の弾痕を見つけた!」とかなり話題になりましたが・・その時の画像がこれです。

私はミリタリーには知識ありませんが、ヘリ射撃にしては弱すぎると思いますが、どうでしょうか。

※画像は聯合ニュース(2月7日)キャプチャーとなります

http://v.media.daum.net/v/20180207103009473

あの時調査委員会は、「ヘリ射撃はあった。戦闘機が爆弾を装着して待機していた」と発表しました。

全元大統領は裁判に参席しない可能性が高いものの、いままでの裁判(追徴金を払わなかったことなど)とは違い今回は刑事裁判であるため、「強制」に裁判に参席させることもできるとのことです。

 

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

120+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5