夢を持つのは自由?

韓国では珍しくない断食デモ(水だけ飲みながらデモをやること)。自由韓国党(旧セヌリ党)のキム・ソンテ議員がキム某氏(31歳の男)に暴行される事件がありました。

暴行の理由は、自由韓国党の基本方針で、キム・ソンテ議員の断食デモの理由でもある「板門店宣言は政治ショーにすぎない」という主張に憤怒したからだ、といいます。

こういうのも韓国では珍しくないので「『ムンパ』亜種か・・アップデートで追加されたのかな」と思ってブログでは扱いませんでした。

でも、昨日の記事で犯人のお父さんが妙なことを言っていたので、今日エントリーいたします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

お父さん曰く、息子(犯人の男)K氏は大してムンパでもなく、前の選挙でムン・ジェイン氏に票を入れたわけでもないそうです。

K氏は長い間無職で、就職しようと結構頑張ったのにできなかった、とか。詳しくは就職が全然できなかったわけではなく、いわゆる超短期(とても短い期間の仕事)か、劣弱な環境のものしかなく、すぐやめてしまったといいます。詐欺にひっかかったこともあるとか。

そこでK氏は、「統一できたら、北朝鮮で就職できるだろう」という希望を抱くようになった、といいます。そして、その希望を否定する自由韓国党が嫌いになって、デモ中の議員を殴った、と。

http://v.media.daum.net/v/20180508181700908?d=y

 

記事には求職メールなどが画像ファイルで載っていますが、K氏は会社側に「急変する世界の中でそびえ立つ大韓民国を作るために御苦労なさってありがとうございます」と書いたりしています。

随分前から、恥韓論の頃からだと思いますが、「頭の中の韓国と現実の韓国の差に苦しむ人たちもいる」という内容を書いてきました。もちろんその悩みを肯定的に活かせるわけではなく、誰かのせいにするだけですけど。

その「差」を、ひょっとして「統一できてないから」だと思っているのでしょうか。特に、前の左派政権で親北思想を教えられた人たち(2000年前後中高生だったなら30~40代になりますね)は。

気楽に「夢を持つのは自由だ」という人たちもいますが、世界のどこかには自由を持つ夢のために血を流している人たちもいます・・・残念無念。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン予約開始です!

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

110+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5