韓国紙「日本が宴会(米朝首脳会談)に灰をばら撒いている」

韓国には「宴会で灰をばらまく」という諺(ことわざというか、慣行表現というか)があります。

これは、「楽しいことを邪魔する」という意味もありますが、なんで「灰」なのかというと、「食べられなくする」という意味があるからです。

同じく別の諺である「ほぼ出来たご飯に灰をばらまく(ほぼ出来ていたのにダメにしてしまった)」にも「灰」が登場します。

すなわち、「宴会で灰をばらまく」は、宴会に招待されなかった人が怒って灰をばら撒き、「私が食べられないなら、誰も食べられなくする」という意味が含まれているわけです。

韓国紙の日本非難が露骨になり、日米の話し合いを「日本が宴会に灰をばらまこうとしている」とする論調となりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<米朝首脳会談を控えて、日本が非核化交渉の場を揺るがすために「灰をばらまく」ことにしたのではないかという懸念が提起されている。

最近ドナルド・トランプ、米政府は、北朝鮮に向かって非核化の基準を高め、非核化対象ではない化学兵器や中・短距離ミサイルなどの廃棄まで要求した。これにより、「世紀の談判」として期待される米朝首脳会談が乱流に会ったという推測が飛び交っている。

米国のこのような動きは、「ジャパン・パッシング」を懸念する日本が声を上げる過程で「南・北(朝)・米」を中心に行われている非核化交渉の場を横から揺らそうとする戦略が効いたせいだと思われる・・

・・政界でも日本の行いを非難する声明が発表された。チェ・ギョンファン民主平和党スポークスマンは8日、論評を通じて「日本が常習的に朝鮮半島の危機をあおっている」とし「昨今の対話と交渉の雰囲気に水を差すことだ」と抗議した。

北朝鮮メディアも連日、日本に対する非難強度を高めている。北朝鮮の労働新聞は6日、論評で宴会で灰をばらまく日本の行動を指摘し、8日にも非難を続けた。労働新聞は、日本を朝鮮民族の百年宿敵と指摘し、「朝鮮半島情勢の悪化に漁夫の利を得てみようすることは、日本の体質的な悪習」と主張した。>

http://v.media.daum.net/v/20180509101057103

 

前にも2,3回同じ趣旨を書いたことがありますが、韓国の世論は「うまく行かなかった場合に『日本のせいだ』と叫ぶための準備」を着々と進めているようです。

つい先まで「日本は蚊帳の外」と嘲笑っていた人たちが、日米が歩調を合わせると今度は「日本が灰をばらまく」と・・・呆れたものです。韓国側は多分、「日本は何もせず、ただお金だけ払えばいい」と思っていたのでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン予約開始です!

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

132+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5