北朝鮮、米朝首脳会談中止を示唆?・・さて、「誰」に示唆したのか

北朝鮮が、韓米合同訓練の一つ「マックス・サンダー(空軍の軍事訓練)」を非難し、今日予定されていた韓国との高位級会談をドタキャンしました。

また朝米首脳会談についても「熟考しなければならない」とした、とのことでして。日本側でも記事が出ているので、URLだけ紹介します。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000005-jij-kr

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「揺さぶりをかけた」とするソース記事の書き方がもっとも無難な分析ではないでしょうか。「ちゃぶ台返し」ではなく、「揺さぶり」をかけただけです。

 

で、今回の「揺さぶり」は、米国というよりは韓国に対してかけたのではないか、と私は思っています。

米国に対して「なぜ韓国と軍事訓練をするのだ」と抗議したのではなく、韓国に対して「なぜ米国と軍事訓練をするのだ」と警告したのではないか、と。

米朝首脳会談をやめるとか示唆したのも、米国に対してではなく韓国に対して「もっと北朝鮮を代弁する態度を示せ」と圧力をかけたのではないでしょうか。

 

どっちにせよ、表面的には「南北米」での平和路線をアピールしているように見える文大統領。しかし、韓国が取ってきた米中間のバランス外交とやらが失敗しっぱなしだったのと同じく、米朝間の平和仲介も成立は至難の業でありましょう。出来たら出来たで凄いことですが・・・

すでに米国側からは「同盟としての態度をもっとはっきり示せ」と言われていますが、いずれ、北朝鮮からも「もっとはっきり同じ民族としての態度を示せ」と言われる・・またはもう言われているはずです。

 

どうするどうなる文大統領!セーラームーンならず「(日本の)せいだムーン」なるか?・・という冗談はさておき、

今回の件で北朝鮮が本当に米朝首脳会談をやめるとは思えません。彼らとて、他には手がないので。様子見ですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!※上の画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

141+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5