韓国大統領府(大統領府記者室)、朝日新聞を無期限出入り停止

いきなり更新2回目です!

韓国大統領府が、「南北・韓米関係についての虚偽の報道」を理由に、朝日新聞を大統領府(大統領府記者室)に無期限出入り停止としました。停止より「禁止」のほうがしっくり来る気もしますが、記事原文ママにします。

ニュース1の報道を引用してみます。

<・・これで朝日新聞は19日から、大統領府記者室(春秋館)に出入りすることができない。文在寅政府が内・外信をあわせて記者室無期限出入り停止措置した報道機関は、朝日新聞が初めてだ。

青瓦台によると、朝日新聞は、先に三回ほど似たような報道をしており、今回が2度目出入り停止である。最初の出入り停止は一ヶ月間だった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

大統領府は同日、ユン・ヨウンチャン国民疎通首席の名義で立場を表明し、チョン・ウィヨン国家安全保障室長が先月24日にジョン・ボルトン米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)補佐官に「北朝鮮の核兵器搬出」を提案したとする朝日新聞の報道は事実ではない反論した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180518175203881?rcmd=rn

 

約10分前に楽しい箱根エントリーを書いていましたが・・なんでしょうねこのギャップは。

「反論」したらそれでよかったのはないか・・な気がします。「無期限出入り停止な!」とわざわざ発表する理由があったのだろうか?な気がします。

「北朝鮮の核兵器搬出は韓国の、国家安全保障室長が、ボルトン氏に提案したものである」。

朝日新聞のこの記事の内容が本当かどうかより、韓国としては「そんな話が北朝鮮(金正恩)の耳に入ること」それ自体を恐れていたのではないか?そんな気がします。

最近のいくつかのエントリーに共通する内容ですが・・こんなに北朝鮮の顔色ばかり気にしている文在寅政権が「仲介」「運転者論(韓国が主導的に導いていくという意味)」を語るとは。呆れるものです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

171+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5