米国の韓国大使、今度こそ決まった?トランプ大統領、強硬派のハリー・ハリス氏を公式指名

17ヶ月も空席だった米国の駐韓大使に、ハリー・B・ハリス氏がトランプ大統領によって公式指名されました。

氏の指名は先月あたりからニュースになっていましたが、指名してから撤回することが多かったので「今回はどうかな」と思ったけど、公式指名まで行ったし、PACOM(米太平洋軍)司令官などのキャリアもあるし、彼を反対する人はいないでしょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・彼は去る3月、上院軍事委員会の公聴会に出席し、在韓米軍が韓国から撤退すると「彼(キム・ジョンウン)は勝利のダンスを踊るだろう」とし、「私たちが韓国、日本との同盟を破棄するなら、彼は幸せな人になるだろう」と述べた。

また下院聴聞会では、北朝鮮の平昌冬季オリンピック参加について「魅力攻勢」と指摘し、「韓米は北朝鮮に魅了されてはならず、北朝鮮政権をありのままの事実に基づいて扱わなければならない」と強調した。

彼は前任オバマ政権時代には、「アジア再均衡」戦略を実質的に指揮し、中国の覇権拡大を牽制した。

ハリス氏は1956年に日本の横須賀で在日米軍だった父親と日本人の母の間に生まれ、1978年に海軍士官学校を卒業した後、海軍パイロットのコースを履修した。彼の父親は海軍航海士として朝鮮戦争にも参戦した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180519074725996?rcmd=rn

 

一方、韓国側は・・・

17日の米「アトランティック」とのインタビューで、文在寅大統領の外交・安保特別補佐官文正仁(ムン・ジョンイン)氏は「韓米同盟を無くすのが最善だ」と話しました。長期的には、そのほうが安保の役に立つという主張です。

http://v.media.daum.net/v/20180519030144129?d=y

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

125+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5