この日を忘れない(?)

さて、長らく本ブログにネタ(思わしくない意味で、ですが)を提供してきた"2MB" 李明博元大統領。

裁判の日付が決まりましたが、それがちょっと妙です。何が妙なのか、聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

<李明博元大統領が被告人として初めて法廷に立つ23日は、故・盧武鉉元大統領が逝去してからちょうど9年目になる日だ。1年前、朴槿恵前大統領が被告人として初めて法廷に立った日でもある。

 

ここから「続きを読む」の後になります

・・(中略)・・李元大統領が法廷に立つ時、慶南ボンハ村(※盧武鉉氏の故郷)では、盧元大統領の9周期追悼式が開かれる。

盧元大統領は退任後の2009年、「パク・ヨンチャ・ゲート」で最高検察庁中央捜査部の捜査を受けた。李元大統領が権力を握っていた時代である。その年の4月30日、召喚調査を受けた盧大統領は、検察が20日以上も盧大統領の身柄の処理を決められずにいた状況で、5月23日、自らの命を絶った・・>

http://v.media.daum.net/v/20180520050108448?rcmd=rn

 

去年12月、カン・ギョンファ外交部長官が慰安婦合意検証結果を発表し、その次の日に文在寅大統領が登場して偉そうなことを話しました。

確か、韓国側のマスコミは「大統領がこの件を言及するのは平昌冬季オリンピックの後になると思っていたのに」としましたし、本ブログもあの時「大統領が出てくるのが早すぎないか(カン長官に言わせておいて次の日に大統領が出てくる理由は何だ?)」と書いたことがあります。それ、実は慰安婦合意のちょうど2年目の日でした。前の日にカン・ギョンファ長官に(文句言われそうなことは)言わせておいて、次の日で慰安婦合意2年目の日でもあった12月28日、文大統領が「慰安婦合意では慰安婦問題は解決出来ましぇん」とか言いました。

「恨(ハン)」の現れでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

116+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5