韓国紙「北朝鮮との実利は韓国のもの。米中に取られるな」

「南北交流は韓国の手柄だ。その実利を米中に取られていはいけない」という記事がありました。

聯合ニュース(聯合ニュースTV)の「南北の交流は韓国が開き、実利は別の国が・・」という記事です。いつもより少し詳しく載せてみます。

・「歴史的に、韓国の保守陣営北朝鮮を敵視すると同時に、親米性向を強く示しています。ところが、保守の支えだった米国は、現在、むしろ北朝鮮との交渉を望んでいます。北朝鮮の非核化という戦略的考慮と同時に、新たな市場開拓という実利的計算が敷かれているからです。私たちも主導権を奪われないために、積極的に乗り出すべきだという指摘が出てきます

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・中国も(北朝鮮経済開発を)広域経済開発戦略的な一帯一路構想の一環としており、米中が朝鮮半島を置いて激しく競合することが予想される状況。北朝鮮経済開発の主導権を奪われないために、私たちも積極的に準備しなければならないという指摘が出てきます

・(ソン・ヨンギル、大統領直属北方経済協力委員長「北朝鮮の労働力と安い敷地、私たちの資本・技術が結合されると、中国と日本に勝ち、大韓民国の競争力を引き上げることができます。一方的「やるだけ」と言われることもありますが、実は「もらってくる」もんですよ」

http://v.media.daum.net/v/20180520091254819?rcmd=rn

 

面白いのは、なぜここで「保守」の話が出てくるのか?です。しかも、「米国が相次いで北朝鮮に経済支援を約束している」という内容が目立ちます(省略)が、それらはすべて北朝鮮がCVIDの非核化に同意した時のこと。韓国では「すでに北朝鮮は非核化に同意した。もうその対価をやるべきだ」という雰囲気になっていますが、この記事も例外ではありません。

いつもの「米国も中国も朝鮮半島が恋しくて恋しくて仕方がない」「でも私たちこそが主役」とする根拠なき傲慢さも、同じです。

しかも、ここで「日本に勝てる」となると・・これ、どこかで聞いた気がします。

随分前から、日本のネットでは「韓国人って、統一すれば大国になって日本にも勝てるという不思議な統一観を持っている」という疑問がありました。そう、それらのネットの書き込みと同じ内容のものが、国家政策になろうとしているわけです。

愚民とは、本当によく言ったものです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

136+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5