北朝鮮、取材団の線量計や衛星電話などを没収・・「絶対安全だから必要ない」

「デイリアン」の報道です。

北朝鮮が、核実験場閉鎖の取材団から放射能測定器や衛星電話などを没収した、とのことです。記事から部分引用します。

<米国・中国・英国・ロシアの4カ国取材団が北朝鮮のプンギェリ核実験場の閉鎖を取材するために22日、北朝鮮元山(ウォンサン)に到着したが、線量計(放射線の線量を測定する機械)を押収されたと伝えられた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

英国スカイニュースの記者は、現地発の記事を通じて「元山空港から核放射線の量を測定する装置である放射線線量計と衛星電話が押収された」と明らかにした。記者はまた、「私たちは繰り返し抗議したが、関係者たちは試験場が完全に安全であるため、それらは必要ないと断言した」と述べた。

専門家は、現在のプンギェリ核実験章核実験の過程でトンネルの中など周辺部が放射能で汚染された可能性が高いと見ており、トンネルを爆発させると、放射能漏れの可能性があると指摘している・・>

http://v.media.daum.net/v/20180523092928188

良からぬ意味で「期待を裏切らない」とはまさにこのことです・・・

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

 

119+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5