トランプ氏、文氏の言葉の通訳も聞かずに「前にも聞いた」と会見終了

中央日報が、トランプ氏と文在寅氏の記者会見(首脳会談の前)の様子を報道しました。首脳会談はさすがに「後で伝えられたこと」に頼るしかないのでどうしても憶測が入りますが、記者会見なら記者たちが直接見たわけですから、信憑性がありますね。記事の主張は、一言で「うわ、不信感半端ない」です。

記事によると、トランプ大統領は「習近平に会ってから金正恩の態度が変わった」など中国への強い不信を示し、その直後に「この点について文在寅大統領の考えを聞いてみよう」と文在寅大統領に意見を聞きました。しかし、文大統領が答える前に「でも彼を困らせたくはないな。中国の隣で暮らしているじゃありませんか」と話しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「文大統領は中国の顔色を気にして意見が言えないとわかっていて、あえて聞いてみた」ということでしょう。実際この後、文大統領は「トランプ大統領が世界的な大転換を成し遂げるだろう」と話し、中国については言及しませんでした。

そして、記事の最後の部分です。

<・・会見の最後、韓国記者団が文大統領に「北の態度変化への懸念が出ている状況で、韓国は仲介の役割をどのようにしていくのか」を尋ねた。文大統領が「私は米朝首脳会談が予定通り正しく行われると確信している。私の役割は米国と北朝鮮の間の仲介をする立場というよりも、米朝首脳会談の成功のために、米国と緊密に共助、協調していく関係です」と韓国語で答えた。するとトランプ大統領は笑いながら「私は通訳を聞く必要はない。以前にも聞いた話だろうと確信しているからだ」としながら通訳を止め、会見を一方的に終えた>

http://v.media.daum.net/v/20180524010914678

中国の件と最後の部分、引用した二つの部分を照らし合わせてみると、トランプ大統領は文大統領に「あなたもどうせ中国側の人でしょう?」と出来る限り控え目に示したのでしょう。

記事はまず記事は「記者会見、しかも国内政治ネタにまで時間を使う記者会見で、トランプ大統領はほとんど一人で答えた。文在寅大統領は座っていただけ」という点、そして「その記者会見のせいで30分予定だった首脳会談が21分になった(記者会見が36分)」とし「外交欠礼だ」としています。しかし、これは欠礼というより、ある種の敵視といってもいいじゃないでしょうか。大統領が同盟国大統領の通訳を止めて会見を終えたなんて、聞いたことがありません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

147+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5