「いきなり首脳会談」の結果、文在寅大統領の発表内容

実は、内容の多くが北側のメディアから先に報じられてしまったようですか(笑)、とりあえず昨日の「いきなり首脳会談」の結果です。10時から文在寅大統領が発表しました。

・「北朝鮮が先に会おうと言った」

・「南北首脳はこのように友だちみたいにいつでも会える、疎通できる。板門店宣言のおかげだ」

・「『トランプ大統領は、北朝鮮との敵対関係を終えることや経済協力を行うことに確実な意志を持っている』と金正恩委員長に説明した」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「南北首脳は、6月12日の米朝首脳会談の成功的開催に協力することとした」

・「米朝の間の直接対話でお互いの誤解を無くせる。金正恩委員長も同意した」

・「朝鮮半島の非核化と恒久的な平和のための旅程は決して止まらない」

・「金正恩委員長は朝鮮半島非核化の意志を明らかにした」

・「北朝鮮はミサイル発射中止、核実験場閉鎖などのを決断してくれた」

・「6月1日に高位級会談を行い、南北赤十字会談、離散家族の再会などを続けて行う」※高位級会談は北朝鮮のドタキャンで開催できないでいました

終わりです・・・・えっ、終わり?もう?

 

発言の順番は実際のものとはちょっと違います。また、国民への談話のような形で発表されたため、原文はすべてが敬語です。本エントリーでは敬語表現は省略しました。確認済みですが、非核化表現はすべて「朝鮮半島の非核化」となっていました。以上です。お疲れ様でした!

↓全文が発表されたので、URLだけ紹介いたします

http://v.media.daum.net/v/20180527100725466?rcmd=rn

 

 

「罪韓論」関連のお知らせ(米朝首脳会談関連)、「皆様へ」に移しました

 著書関連のお知らせ 

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

134+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5