「文在寅保有国」

文在寅氏の今回のいきなりステーk・・いきなり首脳会談の件で、ネットでは「核保有国より強いのが文在寅保有国」という言葉が流行っているとのことです。

ニューシースの記事から、部分引用します。

<25日2回目の南北首脳会談が電撃的に行われ、決裂されるように見えた6・12北米(米朝)首脳会談が予定通り開かれる可能性が高まると、オンライン上で「文在寅(ムン・ジェイン)保有国」という言葉が改めて話題になっている・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・ネチズンたちはドナルド・トランプ米国大統領とキム・ジョンウン委員長の外交駆け引きで深刻な霧の中に陥った朝鮮半島の非核化議論が文大統領の外交力のおかげで、再び可視段階に入ったとし、「運転者」としての役割(※運転者論、または運転台論。韓国が主導的に導くという意味)とリーダーシップを高く評価している・・>、

<・・ツイッター、フェイスブックなどのソーシャルメディアは、「ムン・ジェイン保有国」のハッシュタグをつけた投稿が後を絶たず、上がってきている。

ネチズンたちは文大統領の危機管理能力を評価し、「核保有国よりも強いのが文在寅保有国」「これから危機が訪れても超えられる」「文在寅保有国で心強い」「私は文在寅保有国に住んでいる」と文大統領の歩みを褒め称えている・・>

http://v.media.daum.net/v/20180527151600175?d=y

 

・・・なにかおもしろい「オチ」をつけるという意味でも、本文のどこかにツッコミを入れないといけない気持ちでいっぱいですが・・・

なぜでしょう。体に力が入りません。

 

 

「罪韓論」関連のお知らせ(米朝首脳会談関連)、「皆様へ」に移しました

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

151+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5