各韓国紙「南北平和モード再開に安倍が慌てている」

韓国語には「タグップ(다급)」というのがあります。「後先を考える余裕が無いほど慌てている」、すなわち激しく焦っている、という意味です。基本的にはよくないニュアンスになります。

漢字は不明ですが、同じ意味でテグップ(太急)という言葉が残っている(あまり使わない)ことを考えると、多分「多急(ダグップ)」ではないでしょうか。急ぐべきことが多いから、「どうすればいいのかわからないほど慌てている」、と。

韓国語講座はともかく・・韓国の各紙が、「安倍がダグップ!」という記事を乱発しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

はい、「いつもの」あれです。「文在寅保有国」の底力で南北平和モードが戻ってきたから、それを望まない日本は激しく焦っている、安倍はダグップだ!だからまた米国に行く、そういう内容です。

韓国側ではスルーされていますが(一応報道はされました)、安倍総理はトランプ氏が米朝首脳会談をキャンセルした直後、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで「米朝首脳会談は必要不可欠だ」という見解を示しました。画像で紹介した記事より1~2日前のことです。

「日本は朝鮮半島の平和にダグップ」としか物事を見ることができない。いや「そう見ないといけない」。まさしく「いつもの」反日思想です。

 

 

「罪韓論」関連のお知らせ(米朝首脳会談関連)、「皆様へ」に移しました

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

139+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5