「運転者論じゃない。傍観者論だ」

昨日お伝えした自由韓国党・洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表の「米国が韓国に(北朝鮮との対話関連で)抜けろと言った」発言のことが、なんと李洛淵(イ・ナクヨン)国務総理によって事実だと明らかになりました。

共に民主党は洪代表に「フェイクニュースを流すな」と非難したばかりだったので、今度は洪代表側が「じゃ国務総理の言葉もフェイクニュースか!」としています。

昨日お伝えした洪代表エントリー「米国が文大統領を除外した」の件ですが、イ・ナクヨン総理から、ニュアンスは違えど内容的にはほぼ同じ発言がありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ヨーロッパを歴訪中の李洛淵(イ・ナクヨン)総理が現地記者懇談会で<「米国が非核化問題と関連して、韓国があまりにも深く入らないように求めた」と明らかにした>、とのことでして。

記事によると、他にも洪代表はこう話しました。

「前回(文大統領が)米国ワシントンに行ったときから、アメリカは文大統領を北朝鮮の側にいると思っている」

「韓米同盟を基礎にして北朝鮮の核問題を解決しようとせず、韓国、北朝鮮、中国と連合して解決しようと思うから、米国が信じられなくなったのだ」

「すでに北朝鮮の核問題は、米国、中国、北の3者の問題になっている。私たちが割り込む隙は全くなく、従って『運転者論』ではなく、『傍観者論』でしかない」

http://v.media.daum.net/v/20180529164230403

しかし、洪氏の話の通りなら、いまの文氏は傍観者というより・・「帰れと言ったのに帰らずに近くに座ってこちらをジーっと見ている」感じですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

87+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5