迷夢

29日(火曜日)は夕方まで留守で、更新できなくなりました。29日の朝の分・・のつもりで、深夜更新、行きます。

最近の平和詐欺激のことで、韓国では「日本パッシング」記事が圧倒的に多いです。さらに、「日本は統一後の経済協力、投資などで必要だからあまりパッシングしてはいけない」という記事まで目立ちます。

そこからさらにさらに、「パッシングしても大丈夫。日本は朝鮮半島に頼るしかないから泣きついてくる」という意見もあります。

韓国が北朝鮮と鉄道をつなげてヨーロッパまで(だっけ?)鉄道で行けるようになれば、韓国が物流を支配できる。日本がそんな韓国に頼らざるを得なくなるのか当然だ・・とかそんな内容です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

一つ記事を紹介しますと・・朝鮮日報系列の「朝鮮PUB」に、個人からの寄稿ではありますが、仮にも弁護士で歴史小説まで書いているという人が、このように主張しています。

「韓国にかかっている日本の未来」

<昔も今も日本人の生活は韓国への依存度が大きく、今後もそうだろう。そして、これから日本が島国の孤立と疎外から抜け出すためには、私たちに頼るしかない。それでも、日本の一部の政治家たちは過去の歴史の迷夢にとらわれ人類の普遍性と自由と人権の拡大という世界史の流れを無視している。これを直さなければ、日本の未来は決して明るくないだろう・・特に南北交流が活性化された遠くない将来には、釜山から車や電車に乗って、中国やロシアを経て欧州まで行けるようになり、日本は国運をかけて韓国に海底トンネルを作ろうと泣きついてくるだろう。海底トンネルこそ島国の孤立と疎外を破ることができる良い手段だからだ・・>

http://pub.chosun.com/client/news/viw.asp?cate=C03&mcate=M1004&nNewsNumb=20180529111&nidx=29112

 

本文に「迷夢」という言葉が出てくるのが印象的です。日本とはちょっとニュアンスがちょっと違うようで、韓国側の辞書では、その意味は「何かに取り憑かれたように精神状態がまともじゃない、ウロウロとした状態」となっています。迷夢を見ているのは、どちらでしょうか。あえて「迷惑な夢」とすれば、さらに意味がはっきりします。反日と統一という2つの黒魔術にかかり、韓国はまさに「迷夢」を見ているのでしょう。本当に、迷惑な夢です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

157+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5