また慰安婦映画が6月から上映・・「(日本裁判部に)人間になれる機会をやろう」

韓国でまた慰安婦映画が6月から上映されます。「Herstory(Her+history)」というタイトルです。

さっそく紹介記事の題から「イルボンノム(日本奴)が謝るものか」と始まるところを見ると、またもやろくなものではないようです。

記事から引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・「ただ私は(裁判での)勝利を望んでいます」と固い意志を固めるムン・ジョンスクと、「日本ノムどもが私たちに謝罪をするだろうか。あのやろうどもがこのべ・ジョンギルの前にひざまずくだろうか!」と長年、胸の中にたまった恨をのぞかせるべ・ジョンギルの姿が裁判の本格的な開始を知らせ、日本人デモ隊の迫害にも屈せずよどみなく証言するバク・スンニョと、気持ちよくヨク(低俗な言葉)を吐き出すムン・ジョンスク、熱い涙を流すべ・ジョンギル姿が激しかった6年の話をパノラマのように繰り広げる。また、悲しみと怒りを入れきった表情で、日本裁判所に向かって「今、機会をあげる。人間になれ」というべ・ジョンギルの姿が真正性のある響きを伝え、映画に対する期待感を一層引き上げる・・>

http://v.entertain.media.daum.net/v/20180530100905883

 

そもそも韓国人が知っている慰安婦の姿は、MBCの「黎明の瞳」というドラマから始まったものです。いつものことですが、韓国人にとって映画やドラマは「証拠」だったりします。いつだったか、反日映画を作った人が「(日本は証拠が無いというけれど)この映画が文化的証拠」と話したこともあります。この映画は、韓国人にとって「紛れもない事実」として受け入れられるでしょう。

あ、でも、すべての映画が根拠、証拠として受け入れられるわけではありません。「自分に有利な内容」でないと、同じ映画でも絶対に受け入れられません。不利な内容は、資料も合意も、根拠にはなりません。

そう考えると、「文化的」証拠という表現も、妙に合ってる気もします。「韓国社会の文化としては、証拠にもなれる」という意味としては。

 

 

 著書関連のお知らせ 

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

102+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5