韓国最大野党、「うちを非難するコメントを数日間放置した」とポータルサイトを民・刑事告発

この前、大統領府が「北朝鮮を悪く言う記事には厳しく対処するぞ」という趣旨の声明を出した・・と紹介しました。

今日は、野党(自由韓国党)が、「なぜうちを非難するコメントを数日も放置したのか」と韓国最大のポータルサイト「ネイバー」を訴えました。

聯合ニュースの記事から部分引用します。

<・・自由韓国党は31日、キム・ソンテ院内代表の「ドリューキング特検」要求断食デモ(水以外は食べないで行うデモ)関連記事に付いた悪口・誹謗コメントを数日間放置したとして、ポータルサイトであるネイバーを民事・刑事告発した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

パク・ソンジュン(自由韓国党)広報本部長は報道資料を通じて「悪性コメント放置とドリューキングの世論操作の遊び場になったネイバーコメントに警鐘を鳴らすために、ネイバーの刑事・民事責任を問う」と明らかにした。

韓国党は28日、ソウル南部地検と水原地方検察庁城南支庁のネイバーに対する損害賠償請求訴状と告発状を提出した。韓国党によると、5日、金院内代表は断食中に暴行された事件を扱った記事12件がネイバーメイン画面に配置され、その記事には約13万件のコメントが集まった。コメントの内容のほとんどは、悪口や軽蔑、嘲笑などであった・・>

http://v.media.daum.net/v/20180531101634356?rcmd=rn

 

韓国の悪性コメント、いわゆる「アクプル(悪性リプライ)」というのは本当に「悪性」そのものですから、気持ちはわかります。でも、それがネイバーを訴えることでしょうか。もしネイバーほどの大手ポータルサイトが「13万件もコメントを削除した」となるとどうでしょうか。それはそれで大問題になる恐れがあります。無理でしょう、普通。

単に「できないと知っていつつ、訴えて『場』そのものを無くす」攻撃だと見ていいでしょう。

韓国人はこの心理が強いです(´・ω・`)。他の事案でも垣間見ることが出来ます。

朴裕河教授の「帝国の慰安婦」の件で、朴教授だけでなく出版社の代表を一緒に訴えたこと。これは「出版」そのものへの警告です。書いた人だけでなく、「それらを表現できる場そのもの」を無くそうとしているわけです。昨日は何年も前のネタがありましたが、読者の方々、「反日宗教論」を覚えておられますか?韓国で「責任が取れません」と言われたあの原稿です。後で「恥韓論」のもとになりました。あのとき韓国の出版社の方が言われた「責任が取れません」の意味も、同じものだったかもしれませんね。他にも、いわゆる「日本海表記」や「旭日旗」で韓国が世界各国に抗議していることでも、同じ側面を見ることができます。不利な情報は「場」そのものを封じてしまうわけです。与党も野党も、右も左も、上の下も、甲も乙も、韓国でこの心理は変わりません。そして、相応の「成果」を得ています。

韓国は、善悪にこだわって生きている「つもり」かもしれません。この「場を封じる」も、その一環かもしれません。でも、私がいまでも韓国に望んでいることは、「善人になれ」でも「悪人になれ」でもありません。「大人になれ」です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

132+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5