「この作家は親日派だ」博物館に放火して見物していた犯人、逮捕

お待たせしました。帰ってきました!いつもの神社で感謝の祈りと日本酒を捧げ、本も買い、レナの服も買い、布団乾燥機(夏モード付き)も買いました。著者として書店めぐりができるのも、皆様のおかげです。本当にありがとうございます。あ、コメント欄からの情報ですが、アマゾンのKINDLE版がなぜか別ページになっていましたので、リンクを追加致しました。遅くなって申し訳ございません。

それじゃ、遅くなりましたが今日の更新行きます!

京畿道にある、50点の作品を常設展示していた小さな博物館。そこに放火し、近くでそれを見ていた男(70)が逮捕されました。彼は「(博物館の作品の)作家が親日派だから放火した」と何の躊躇いもなく話した、とのことです。

ちなみに、その作家は親日派ではありませんでした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

以下、記事から部分引用します。

<・・警察に捕まった70代の男性(犯人)は、親日派が嫌いで火をつけたと主張しました。火を初めて出したのは檀君と仏像彫刻がある「民族館」でした。

男性は犯行3週間前に博物館を訪れ、創設者の彫刻であるサッがッ(笠)が日本式だと抗議したことが明らかになりました。

(館長の話)「作品が少し、日本らしいではないかという不満を持っていたと思われます。(犯行当日)またそんな話をしてきたのかと思っていましたが・・」

博物館側は(作品は)親日派とは何の関係もないと述べました・・>

http://v.media.daum.net/v/20180601210904295?rcmd=rn

 

犯人は放火して逃げたりもせず、遠くから見物していた、とのことです。しかも、コメント欄には「じゃ日本に行け(日本で放火しろ)」「他に親日派が多いのになんで博物館まで行ったのか」というのがあったりします。

反日という名の歪んだ「正義」が、「日本には何をしてもいい」という行動として表れること。恥韓論から書いてきて私の持論が、広く、そして深く韓国社会の人たちを染めつつあるみたいです。

夜にもう一本更新します。

 

なぜかKINDLE版が別のページにあったので、リンクにKINDLE版を追加しました!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。KINDLE版はこちらへどうぞ。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+121

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5