金正恩氏、(6月1日)ロシア外相に「段階的非核化」再び言及

12日の首脳会談が再設定されたとかのニュースもありますが、金正恩氏はロシアの外相に再び「段階的非核化」を言い出しました。

「この時点でロシアの外相にそんなこと言っていいのかよ」な気がしますが・・韓国ではSBS(地上波)が報道しましたが大して話題にならず、他のマスコミもこれといって取り上げていないようです。

SBS報道から、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<北朝鮮の金正恩委員長が(北朝鮮を訪れたロシアの外相と会った場で)非核化の意志がしっかりしていることを意味を重ね明らかにした。しかし、その方法は、米国が望む一括妥結ではなく、段階的非核化という点を改めて強調しました。

「(朝鮮中央TV):朝鮮半島の非核化のために、私たちの意志は変わらず、一貫して、しっかりしており・・」

しかし、非核化は段階的に行われなければならないと強調しました。

「(朝鮮中央TV):朝米(米朝)関係と朝鮮半島の非核化をそれぞれの利害に満たされる解決策を見つけて、段階的に解いていく・・」

北朝鮮が段階的、同時的解決策を主張してきましたが、金委員長が北朝鮮の公式メディアを通じて段階的解法を述べたのは初めてです。

米国がCVIDと一括妥結を主張し、北朝鮮の決断を促していますが、非核化の段階別に体制保証と経済支援を受ける段階的解法をまだ強調しているのです・・>

http://v.media.daum.net/v/20180601202707359?d=y

金正恩氏は、米国側に対しても同じことが言えたのでしょうか。それとも、やはり「二枚舌」でしかないのでしょうか。こんな状態で首脳会談をしたとしても、何かの合意を発表したとしても、何の意味があるのでしょうか。

悪い予感しかしません。

 

 

なぜかKINDLE版が別のページにあったので、リンクにKINDLE版を追加しました!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。KINDLE版はこちらへどうぞ。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

+110

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5