北朝鮮、「韓国がうちの公民(労働者たち)を連れて行った」と国連に措置を要求

例の「集団脱北」の件で、北朝鮮が続けて韓国側に送還(北朝鮮に送り返す)を圧迫しています。

前にも紹介したことがありますが・・2年前、中国の食堂で働いていた北朝鮮労働者たちが集団で脱北したことは、韓国だけでなく日本でも結構報道されました。しかし、2ヶ月ぐらい前に「韓国が本人の意志に反して連れてきたことだ」とするニュアンスの報道がありました。それから北朝鮮の送還要求が強くなっています。

まだ米朝首脳会談がキャンセルされるまえ(いまはまた再設定となりましたが)、北朝鮮は韓国側を強く非難していて、メインとなったのはテ・ヨンホ氏の北朝鮮体制批判、米国との合同軍事訓練、そしてこの件でした。

それから米朝首脳会談キャンセルされてからは北朝鮮もこの件を提起せず大人しくしていましたが、今回また非難を再開、国連に措置を要求した、とのことでして。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・北朝鮮が2016年に中国のレストランで働いて集団脱北した従業員の送還を重ね要求しており、注目される。北朝鮮は最近、国内のある放送で、これらの「企画脱北」疑惑を提起した後、この問題を、様々なチャネルを介し提起しているが、今度は国連にも行動を促した。

スイスのジュネーブ駐在北朝鮮代表部は先月30日、公報文を出して脱北従業員送還とそのための国連人権機構の措置を促したと朝鮮中央通信が2日報じた。北朝鮮代表部は、公報文で「南朝鮮当局は、朴槿恵政権が強行した前代未聞の、反人倫的蛮行を認めて事件の関連を厳しく処罰する必要があり、私たちの公民を遅滞なく戻すことにより、北南関係改善の意志を示さなければならない」と主張した。公報文はまた、ジュネーブ駐在北朝鮮常任代表は、国連人権最高代表に今回再度これらの送還に関する手紙を送ったという点を言及し、朝鮮中央放送と労働新聞など北朝鮮メディアが2日伝えた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180603070011019?rcmd=rn

 

米国が怒ると韓国と首脳会談し、米国との話し合いが出来ているときには韓国を無視し、米国とうまく進まなくなるとまた韓国と首脳会談し、また米国と話し合いが成立したら韓国を圧迫・・この繰り返しのような気がします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。KINDLE版はこちらへどうぞ。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

+119

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5